岩高ニュース

2019年2月の記事一覧

韓国青少年訪日団の高校生が本校に来校しました!

 2月12日(火)に、ロータリークラブを通じて日本に来た韓国青少年訪日団の高校生2名が本校に来校しました。
 2月8日(金)に来日して本校生徒の家庭にホームステイし、3連休中、国内で研修・交流をしていました。12日(火)も午前中の研修に続いて本校に来校し、まず6時間目の数学(1年生)の授業に参加しました。前半は自己紹介や質問の時間が設けられ、韓国の芸能、食べ物、ファッションの話題で盛り上がり、後半は図形の性質の問題に取り組みました。
 放課後は、インターアクト部員と希望者が参加して交流会が行われました。お菓子や飲み物を片手に、ワイワイと交流していました。明日、全日程を終えて、帰国します。
数学の授業に参加 インターアクト部との交流

中国中等学校の日本語教師の皆さんと交流しました!

 2月7日(木)、中国の中等教育機関(中学・高校)の日本語教師19名が本校を訪問しました。これは、独立行政法人国際交流基金・日本語国際センターが行う中国人日本語教師の研修の一環として実施されたものです。
 本校校長と研修参加者代表のあいさつ、授業自由見学ののち、中国語が話せる生徒や第二外国語として中国語を選択している生徒の先導で校舎見学を行いました。午後には、訪問団と本校生徒や本校教員との交流会が行われました。
 最後に、正面玄関に飾られた雛飾りを囲んで記念撮影をしました。本校での体験が参加者の皆様の参考となれば幸いです。
校舎見学(展示されていた書道作品を鑑賞) 一緒に昼食 本校教員との交流会 雛飾りを囲んで記念写真

校長による講義「君たちに伝えたいこと」

 1月31日(木)の5時間目を使って、1年生を対象とした講義が、本校校長によって行われました。校長の教員としての経験のエッセンスをこれからの日本を支える若者たちに伝えました。生徒たちもよく話を聞き、自分にとって生かせる部分はないかとしっかり咀嚼していました。