岩高ニュース

2017年2月の記事一覧

吹奏楽部、マーチング全国大会で講評者特別賞(ベスト6以上)を受賞!!

 2017年2月18日(土)に神奈川県民ホールにて行われた吹奏楽、マーチングステージ全国大会において、本校吹奏楽部が講評者特別賞を受賞しました。
 講評者特別賞は全国大会に出場した23チームのうち、上位6チームに贈られる賞です。全国ベスト6は、本校の歴史においても快挙です。
 指揮をとった顧問によると、「2年連続で全国トップクラスの成績を残せたのは、生徒、保護者、本校教員、本校の先輩たちの築き上げた伝統など、すべての関係者のおかげです。特に近年の岩槻高校の前向きな姿勢が支えになりました。すべての関係者に感謝したいと思います。」とのことでした。生徒たちの日頃の努力と、岩槻高校関係者が積み重ねた歴史が、この賞に導いたのだと思います。また、学校内外の関係者の支えもあったことだと思います。

 応援、誠にありがとうございました。





 

韓国高校生、本校を訪問!!

 2月14日(火)に、韓国の高校生3名が本校を訪問しましたのでご報告します。
 今回の訪問はロータリー主催の交換留学事業で、まず韓国から3名の高校生が来日し、3月には本校インターアクト部員3名が韓国を訪問します。
 韓国の高校生たちはホームステイをしながら東京観光などを楽しみました。本日は午後から本校に来校し、6時間目に、本校ALTとともに英語の授業に参加しました。
 放課後はインターアクト部主催の懇親会が開かれ、交流しました。
 岩槻高校ではこのような国際交流が年間を通して行われます。普通科、国際文化科問わずこのような催しが行われますので、「毎日が国際交流」を体験したい皆さん、是非本校受検を考えてみてはいかがですか?
  
  

第3回異文化セミナー行われる

 2月14日(火)に本校国際文化科1,2年生を対象とした第3回異文化セミナーが開催されました。
 今回は「ケルガル日本の会」より、代表の田島俊雄様、榎本仁美様をお招きして『インドでの太陽光発電の普及活動と、木島平村での地域おこし協力隊』という演題でお話いただきました。
 生徒たちはより深くインドの文化、また日本の村おこしの活動について理解を深めることができました。

2年生、カタリバ実施

 2月9日(木)午後、2年生は「カタリバ」を実施しました。「カタリバ」?聞き慣れない言葉ですが、大学生など年代の近いスタッフをお呼びし、自分の体験談を語った後、高校生がいくつかのワークを通して自分の進路について考えを深めてゆくもので、NPO法人が運営しています。スタッフはすべてボランティアで、熱く高校生に語りかけ、高校生も真剣に受けとめていました。高校生の皆さん、自分の人生です。悔いのないように真剣に向き合いましょう。カタリバのスタッフさん、貴重なお時間、どうもありがとうございました。
  

1年生・進路講演会

 2月9日(木)午後、1学年対象の進路講演会を行いました。今回は進路情報ネットワークの萩原勇記氏を講師にお招きし、進路実現のモチベーションを高めるべく、貴重なお話をいただきました。1年生の今から自分の進路希望を意識し、積極的に学習し、学校生活を充実させることが必要です。1年生の皆さんはしっかり取り組んでいきましょう。ご講演どうもありがとうございました。



インターアクト部感謝状贈られる

  本校インターアクト部が岩槻まちづくり市民協議会様より感謝状をいただきました。
 インターアクト部は、さまざまなボランティアや社会貢献活動を行っています。今年度から「いわつき郷土文化紙芝居づくり」に協力しました。紙芝居を自らの手で作成し、小学校で上演する活動をしました。今回はその点を評価していただきました。今後のインターアクト部の活躍に期待します。