日誌

2021年4月の記事一覧

【吹奏楽部】新入生勧誘

吹奏楽部、顧問イノマタです。

吹奏楽部は入学式で歓迎演奏を担当いたしました。

『ディズニー・アット・ザ・ムービーズ』という、おなじみのメロディのメドレーを演奏しました。

部員はみんなこの曲が好きようです。…演奏していて楽しそうです。

また1年生の退場のBGMとして、吹奏楽では有名な、岩高吹奏楽部定番の「宝島」を演奏しました。

短い期間で練習したため、演奏の定着が甘かったりという反省点はありますが、よい演奏ができました。

校歌披露では音楽部のみなさんとステージ前方で歌わせていただきました。

 

まず見学お待ちしています。初心者大歓迎です!経験者は一緒に合奏しよう!

部員はウェルカムコンサートに向けて頑張っています。

【吹奏楽部】近況&1年生へ

こんにちは、吹奏楽部顧問のイノマタです。

現在吹奏楽部は練習が再開され、部員の調子がやっと戻りつつあるかな…というところです。(それにしても部活中止期間はいろいろな意味できつかったです…部員談)また人数が多かった3年生が抜けて寂しい淋しいのは否めませんが、部員は本当に前向きに練習に励んでいます。よくやっています。この時期はまだゆっくり楽器に向き合えるので、基礎力・演奏力アップを狙い、部員一人ひとり頑張っています。

 

 さて昨年はコロナウイルス感染拡大防止の観点から、コンクール、マーチングコンテスト、定期演奏会など様々な発表の機会がありませんでした。今年度は感染予防を最大限に行いながらまず「入学式での歓迎演奏」と「ウェルカムコンサート」を実施する予定です。皆さんに楽しんでいただけるように全力で練習に取り組んでいます。 お楽しみいただければ幸いです。

 

ところで1年生の皆さん、「岩槻高校ではどんなことにチャレンジしますか?」

 

高校生活はたった3年です。顧問はその短い時間をどう過ごすかで、今後のみなさんの人生に大きな影響を与えるだろうと考えています。吹奏楽部は「音楽を通じてさまざまなことにチャレンジ」します。その道は楽ではありませんが、得られる達成感は小さくありません。また必ずトラブルや困ったことに当たりますが、そういったものを仲間とともに乗り越えていきます。ともに困難を乗り越え、ともに喜びたたえあう。きっと吹奏楽部に入部すると実感できるはずです。吹奏楽はチームプレイです。チーム(数人ではなく多数)が何かに取り組み前に進むことは簡単なことではありませんが、チームが一体となって創り上げる音楽ができたときの達成感は本当に素晴らしいものです。吹奏楽部だけが得られる特権とも言えるのではないでしょうか。もちろん単に音楽のすばらしさを知り「沼」にはまるのも楽しいものです。(顧問のイノマタもいまだに「沼」にどっぷりです)

 

「中学で吹奏楽やったから高校ではいいや」って考える1年生もいます。

 

これは大きな大きな間違えです。岩槻高校吹奏楽部で体験する音楽が、中学校と同じなはずがないのです。中学校の吹奏楽は「先生に注意されたことを行う」ことをメインとしますが、高校では「自分(たち)で考え行動し実現する」ことを大切にしています。中学校で培ったものをベースにして、「こうプレイしたらかっこいい・素敵だ」など…高校で続けることで初めてわかる面白味があります。そもそも皆さんは中学生ではありません。高校生に成長したみなさんが接する音楽が中学と同じテイストであるはずがありません。周囲の先輩たちから新たに学ぶこともおおいでしょう。同じ吹奏楽部でも得られる感覚はフレッシュであるはずです。

そもそも吹奏楽は様々な音楽に取り組むことができます。

・クラシックアレンジ(大作曲家の歴史的作品に取り組む)、吹奏楽オリジナル(素晴らしい作品が続々登場しています。同世代の作曲家の音楽を演奏できる)、ジャズ・フュージョン(クラシック系とはことなるチャレンジです。絶対に中学と違う面白味に気が付くはず)、ポップス・歌もの・歌謡曲・演歌etc…どれも本気で取り組みます。

 

顧問イノマタはみなさんに伝えたいことがいーっぱいあります。みなさんと一緒に作り上げたい音楽があります。岩槻高校吹奏楽部の3年間で自分だけの「一生の宝」を見つけましょう。ひとつ前の記事で卒業した旧3年生は、「部活続けて大変だったけれども続けてよかった」「頑張ったことが自信となった」「音楽のすばらしいと思った」「これからの人生に大きく役に立つと思う」などと卒部式でコメントを残してくれました。これらは並々ならぬ努力があって初めて語れるのでしょうが、ぜひ新入学生のみなさんにも同じ体験をしてほしいと切に願います。

 

4月8日に入学しましたら、とにかく1度音楽室に来てください。明るく親切で前向きな女子とやはり明るく賢く、でもシャイな男子が皆さんを心から歓迎するはずです。

一緒に吹奏楽やろう!待ってますよ!