日誌

2018年8月の記事一覧

【吹奏楽部】コンクール終了しました!


こんにちは、吹奏楽部顧問の猪俣です。

8月1日(水)さいたま市文化センターで行われた吹奏楽コンクール地区大会B部に本校吹奏楽部は出場し、
幸いにも金賞をいただき県大会に出場することができました。
本校吹奏楽部としては実に5年ぶりの県大会出場となりました。
また翌週8日(水)に所沢ミューズで行われた県大会では銅賞をいただきました。

金賞で歓喜し、銅賞で悔し涙を流しました。
音楽は本来「勝ち負け」をつけるものではありませんが、
コンクールという性質上、このような序列がついてしまうのは致し方ないです。
しかし結果はどうあれ、今回の練習を通じて、音楽的なことのみならず、
部活へのかかわり方などの面で成長がみられ主体的に行動できる集団に近づけたようです。
楽器講師の先生方、保護者のみなさま、岩高の先生方、応援してくださった方々に御礼申し上げます。
来年のコンクールに向け部員たちのサポートをしていくつもりです。
ありがとうございました!

【演奏曲目】
大いなる約束の大地~チンギス・ハーン(鈴木英史)



県大会演奏直後のショットです。

地区大会、本番直前の打ち合わせでのショットです。

地区大会金賞受賞後の部員のみなさん。
今年度最高の笑顔です。

【吹奏楽部】春里中学校吹奏楽部来校!

こんにちは、吹奏楽部顧問、猪俣です。

7月16日(月)海の日に、さいたま市立春里中学校吹奏楽部の皆さんが来校し、
一緒に練習いたしました。
私たちが南部支部吹奏楽研究発表会で演奏した『マードックから最後の手紙』は、
春里中学校さんがこの夏の吹奏楽コンクールでということでした。
これも何かの縁なので、一緒に練習しようということになりました。

まず全体で岩高が普段行っているメニューを体験してもらいました。
呼吸練習からソルフェージュなどです。
その後パート別に分かれて基礎と曲の練習を行いました。

その後岩高と春中さんあわせて約100名のパワフルな合奏をしました。
両校ともに、なかなか体験できない大人数での演奏となりました。
実は岩高はコンクールでは『マードック…』ではない作品を演奏するので、
この曲の練習・合奏自体が久しぶりでした。
中学生の皆さんの良いお手本になったかどうか、正直怪しいのです。
ただ生徒に皆さんには良い経験になったのではないかと考えております。
春里中吹奏楽部のみなさん、機会があったらまた一緒に演奏しましょう!
お互いコンクールでは納得できる演奏をしたいものです。頑張りましょう!
ほかの中学校・高校さんとも合同練習やりたいですね!


呼吸練習の様子です!

フルートパートです

トロンボーンパート、後ろにはユーフォニアムの皆さん。

トランペットパートです。

テューバパートです。

クラリネットパート(1部です)です。

全員で合奏。ほんとにぎゅうぎゅうでした!

中学生の皆さんだけで演奏してもらい、高校生がアドバイスをしました。