岩高ニュース

さいたま市の総合防災訓練に参加しました!

 防災の日である9月1日(日)に、さいたま市総合防災訓練・防災フェアに、本校生徒・教職員約60名が参加しました。
 これは、九都県市(埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・横浜市・川崎市・千葉市・さいたま市・相模原市)合同防災訓練のさいたま市会場での実施に位置付けられるので、平時からの備えを学び、地域防災力を強化することを目的としたものです。
 岩槻文化公園において、震度6強の地震の想定のもとに行われた大規模な防災訓練で、本校生徒は炊き出し、要配慮者避難誘導、避難所運営、外国籍見学者対応、共助による初動対応の各係に分かれて訓練に参加しました。
 生徒は皆真剣な表情で訓練に参加し、休憩の際も他の参加者とコミュニケーションをとるなどしていました。要配慮者避難誘導の係では、筆談や教わった手話を活用している場面も見られました。炊き出しの係では、大人から子供まで幅広い来場者に丁寧対応していました。
 大きな地震が発生した際に、混乱せずに、どのような行動をとるべきか、自分たちが協力してできることは何なのかを改めて認識した訓練となりました。