岩高ニュース

書道部の揮毫した通り名のサイン(看板)設置されました。

  先日紹介させていただいた岩槻区の通り名を書道部員が揮毫したサイン(看板)が設置されました。以下はさいたま市岩槻区総務課観光経済室の記者発表の抜粋です。

 岩槻区では、時の鐘や遷喬館など城下町岩槻の観光スポットを観光客に案内
するために観光案内サインを設置します。
 これは、平成17年に「旧城下の通り名看板」を設置した実績をもつ岩槻観光委員会と岩槻区が協力して行っている事業で、岩槻区本町を中心とした10か所に13枚の木製サインを設置するものです。
 10か所の内、5か所には「旧城下の通り名」が記されたサインを設置しますが、
この通り名部分には、岩槻高等学校書道部の生徒5人による書を彫り込みます
設置予定日:平成28年3月18日から25日までの間に設置されます。

 下の図が設置場所です。
より鮮明な地図は→岩槻高校書道部岩槻区の通り名揮毫設置場所.pdfをご覧ください。
岩槻区総務課観光経済課の記者発表は
岩槻区総務課観光経済室の記者発表PDFです。