日誌

朗読会 お話 in English

 10月9日に第2回「お話 in Englsh」を開催しました。 今回のお話は、The Little House(ちいさいおうち)です。このお話は挿し絵とともに、約70年前の1943年にアメリカ人のヴァージニア・リー・バートンによって書かれたもので、「ちいさいおうち」の顔が笑顔から悲しそうな顔に変わり、最後にはまた笑顔になるお話です。英語はALTのティーガン先生に、石井桃子さんの日本語訳は、2年生の図書委員に読んでもらいました。保育園や、幼稚園で読んでもらった生徒もいて、しばし童心に返ることができたようです。