日誌

第2回お話in English

 11月30日、第2回お話in Englishが開かれました。
 一つ目のお話は、アーノルド・ローベル作「ふたりはともだち」から「おてがみ」を、ローラ先生と、1年生の図書委員に読んでもらいました。がまくんとかえるくんの心温まるお話で、小学校の教科書にも載っています。    

         2年生図書委員によるポスター

 
(英語と日本語を交互に読んでいます。)

 二つ目のお話は、エリック・カール作「くもさんおへんじどうしたの」をヘラルド先生にスペイン語で読んでもらいました。くもさんが巣作りをしている間に、いろいろな動物が話しかけます。スペイン語と日本語の動物の鳴き声の違いを、楽しむことができました。また、この本は少しずつ張り巡らされるくもの糸を手で触って楽しむことができる絵本です。

         ヘラルド先生