日誌

【吹奏楽部】近況報告

吹奏楽部顧問の猪俣です。
すっかり間が空いてしまいましたが、吹奏楽部の近況をお知らせします!

《新入生》

今年は11名が入部しました。例年に比べ圧倒的に少ないのは残念ですが、やる気十分です。彼女たちの今後に期待したいと思います!

《練習》

現在はコロナウイルスの感染拡大防止を常に意識し練習を行っています。具体的には練習前の検温、手洗い、うがいから楽器と器材の消毒を実施しています。練習中は基本的にマスクとフェイスシールド着用しています。出来る対応に努めます。

《練習内容》

9月27日(日)に開催予定の「さいたま吹奏楽カーニバル2020」に向けて練習しています。今年度はコロナウイルスの関係で吹奏楽コンクールとマーチングコンテスト、文化祭のステージ発表も中止となり、ことごとく発表の機会が失われてしまいました。「カーニバル」は今年度初の発表の場となります。ステージの関係から3年生バンドと1・2年生バンドに分かれて2曲演奏予定です。残念ながら非公開となっていますが何らかの形でお知らせしたいと思います。

《マーチング》

マーチングの練習も再開しました。1年生は初めてのマーチングに苦戦していますが、上級生も久しぶりなので間隔を取り戻すのに時間がかかっています。カラーガードの担当も決まり、定期演奏会で発表できる準備を進めています。

《アンサンブル》

埼玉県アンサンブルコンテストが開催されるとアナウンスがあり、現在出場するチームを調整中です。アンサンブルは上達の良い機会ですのでこちらも頑張ってもらいたいです。

《定期演奏会》

 来る12月28日に、さいたま市民会館おおみやで岩槻高等学校吹奏楽部第40回定期演奏会を開催いたします。コロナウイルス蔓延防止を配慮した形での開催となると予想されます。一般のお客様に聴いていただけるかどうかは会館側や社会情勢を見て決定の予定です。


では、今後も岩槻高等学校吹奏楽部をよろしくお願いいたします。