日誌

【男子バスケットボール部】8/17 夏の練習試合⑨!

 こんにちは。男子バスケットボール部顧問の小林です。17日、本日は本校に蕨高校をお招きし、練習試合を行いました。蕨高校は非常に能力が高い選手が多く、高さもある力のあるチームです。夏休み終盤、公式戦前に、実力では格上のチームに対し、どのような試合ができるかということを公式戦を想定して行いました。

 スコアなどを意識せず、戦術や交代を公式戦を想定して試合を行いました。全員で走る!を目標としましたが、なかなかうまく行かず。。集中しなければならない場面で集中できていないプレイが多かったです。逆に、この日の後半は、よく走れ、良いプレイもたくさんでました。修正することができたということは良いことですが、公式戦は一回のチャンスです。気持ちを強くもって、試合に臨んで欲しいと思います。

 この日の一番の問題は、誰でもできることを試合で徹底できなかった点にありました。リバウンドの飛び込み、ルーズボール、トランジションの走り、ディフェンスの約束、集中していれば必ず誰でもできることです。しかし、この誰でもできることを選手全員がやりきるということが難しく、またそれができたときには強い力を発揮してくれます。徹底することで、バスケットや試合が変わる。特にそれがよく実感できた試合であり、収穫でした。

 凡事徹底。誰が出ても私たちがやるべきことがやりきれる、そんな状態に少しでも近づき、公式戦に臨みたいと思います。