日誌

【男子バスケットボール部】8/6 夏の練習試合報告⑥!

 こんにちは。男子バスケットボール部顧問の小林です。8月6日に北本高校にお邪魔し、練習試合を行いました。


 毎年、北部地区において県大会出場を果たしている強豪チームです。試合ではやはり高い能力と脚力に翻弄され、終始自分たちのバスケットをやらせてもらうことができませんでした。また、インサイドプレイヤーを中心としたオフェンスも体験することができ、その点のディフェンスやチームの意識の至らなさを実感できたことも貴重な経験でした。


 この暑さと披露もあってか、少しチームのトーンダウンが感じられます。選手同士のプレイや気持ち、コミュニケーションがうまく絡み合わないまま、そして私達がやりたいことに全力を出しきれないまま、この日を終えてしまいました。


 毎日全力を出し切ることが成長への近道です。私達がやりたいことを常に全力で、をモットーとしていきたいところですが、なかなかそううまくいかないものです。モチベーションを毎日持続させてあげることも、コーチの大きな役割なのだと反省させられます。


 夏休みにできる練習試合の数としてはちょうど折り返したところです。なんとなく過ごしてしまうにはあまりにももったいない期間と経験。酷暑をチームで良い形で乗り越え、一人一人が強くなれる夏にしていけるよう、気を引き締め直したいと思います。