日誌

【男子バスケットボール部】8/23 夏季南部支部選手権②結果報告!

 こんにちは。男子バスケットボール部顧問の小林です。8月23日、いよいよ目標とする2回戦突破がかかった試合を迎えました。相手は大宮東高校。先日練習と試合を行ったばかりですが、公式戦という場ではまた異なります。1人1人が緊張感を持ち、集中して試合に入ることができました。

【試合結果】
岩槻 ー 大宮東
① 13 - 28
② 6 - 17
③ 8 - 37
④ 35 - 22
T 64 - 104

 結果は残念ですが敵わず、ここで我々の公式戦が終わってしまいました。序盤から相手のプレッシャーと公式戦の緊張感からか、オフェンスのリズムが悪く、得点を積むことができませんでした。ディフェンスでは練習したことによくトライしてくれましたが、相手のリバウンドに苦しみ、最初のシュートを止めてもセカンドショットで得点されることが非常に多くなってしまいました。そのなかでも、1人1人がリングに向かい速攻を決めたり、1-1から得点をもぎ取ったり、うまく仲間と合わせたり、少しですが、我々の良さを出すことはできたかなと思います。

目標達成とはなりませんでしたが、夏休みを一生懸命走ってきた彼らの努力とバスケットへの姿勢は良く試合に表れていました。自分たちのやりたいことが100%出せたかというと、その点はまだまだ課題が多くあります。たくさんの時間と練習を必要とします。しかし、一番大切にしたい、チームのバスケットへの気持ちや姿勢は、この夏で以前より大きく成長してくれています。負けはしましたが、最後まで1人1人が走りきり、気持ちを切らさず挑んでくれました。時間をかければ大きな可能性がある、そんな気持ちにさせてくれた試合でした。

 彼らにとってこの夏休みは苦しいことも多くあったと思いますが、それを全員で乗り切ってきたからこそ、また改めてチーム全員で、バスケットに向かって行って欲しいです。

 この夏休み、なんと合計13日間の遠征を行っています。多くの学校の監督や選手にお世話になり、ここまでやってきました。また、保護者の方々には日頃のご協力のほか、会場にてご声援も頂きました。ありがとうございました。この気持ちもチームで共有し、バスケットができることに感謝しながら、チーム一同また精進して参ります。