日誌

【男子バスケットボール部】1/13 練習試合報告!

 こんにちは。男子バスケットボール部顧問の小林です。1月13日(月)、三連休三日目は本校に杉戸高校さんをお招きし、練習試合を行いました。

 先日の新人大会では県大会決定戦まで進み、接戦の末おしくも敗退してしまった杉戸高校ですが、その出場の力を備えているこのチームは、私たちにとって目標の1つです。以前も試合をさせて頂きましたが、その時よりも良い内容で、自分たちのバスケットを試合で発揮することがこの日の目標です。また、前日の課題である集中力の持続と自分たちのバスケットの徹底を確認してから臨みました。

 前日の試合の内容に似て、徹底しなければならないことが継続してできないことが多く、そこからの失点がありました。前日よりはチーム全体が意識的にゲームに臨むことができましたが、一試合継続して徹底する、そして常に自分たちのプレイを変えない、その部分については弱さがあるチームということを、一人一人実感できたと思います。

 試合の経験も大切ですが、やはり、全ては普段の練習や習慣に戻ります。練習での習慣や意識、バスケットに臨む姿勢を、少しずつ変えていかねばならない、そんな風に思わせられる連休でした。上手くなったり、試合に勝ったり、楽しいことのためには何かを越えなければならない。当たり前のことですが、なかなか目の前のことに全力をぶつけ続けるのが難しいのもまた事実です。全員で力と気持ちを合わせて、この冬を我慢し乗り越え、自分たちのベストの状態で次の公式戦に臨んで欲しい、そんな風に切に思います。

 当然コーチもまだまだ勉強不足です。選手もマネージャーもコーチも、全員でこの冬を乗り越え、一回り大きくなった、それを実感できる春にしたいと思います。がんばれ、岩槻高校!