日誌

【男子バスケットボール部】9/21 練習試合報告!

 こんにちは。男子バスケットボール部顧問の小林です。9月21日、本日は本校に浦和実業高校さんが来て下さり、練習試合を行いました。浦和実業高校は近年毎回県大会出場を果たしている強豪です。強く、速く、勢いのあるチームとの試合ですが、少しでも前に進むため、自分たちのやりたいことを徹底するということを一番の目標に挑みました。

 試合では、やはり浦和実業の速く強い速攻を中心とした攻撃やオフェンスリバウンドからの得点を止めることができず、多くの失点を許してしまいました。自分たちの足の足りなさを痛感しました。

 しかし、一番の課題となっているオフェンスでは、これまでになかった成長を感じとることができました。試合出たしからチームのオフェンスにトライし、厳しいディフェンスをかい潜りながら、それが良い形で得点となるケースが多くありました。やるべきことを徹底し、チームで息を合わせれば、良い形で攻撃できるという成功体験が、ようやく練習試合の中で見ることができました。

 ただそれが一試合を通じて出すことまでには至りません。体力が削られ、相手のディフェンスがさらに厳しくなると、また以前のように悪いリズムの攻撃が続き、それが失点を加速させます。一試合を通じて自分たちのバスケットを徹底するということの難しさを改めて痛感しました。

 とはいっても、一気に成長することはありません。今回のように少しずつ、次は前回より長く良い形で、自分たちのバスケットを作っていって欲しいと思います。