岩高ニュース

学校行事など

PTA進路勉強会・学年懇談会を実施しました!

 11月16日(土)に、PTAの進路勉強会及び学年懇談会を実施しました。

 進路勉強会では、外部の講師をお招きして、最新の進路情報についてご講演いただきました。その後、学年ごとに会場を移動して、学年の状況の報告や、取組について説明をさせていただきました。全体会の後は、クラスごとに分かれて懇談が行われました。

 当日は、視聴覚室の座席がすべて埋まるほど多くの保護者の皆様にご参加いただきました。ありがとうございました。

進路勉強会 学年懇談会の様子(1学年の全体会)

芸術鑑賞会を実施しました!

 11月13日(水)午後、全校生徒が春日部市民文化会館に移動し、芸術鑑賞会として音楽劇「消えた海賊」を鑑賞しました。

 文献に記録のある実在の海賊をモデルとした、自由や若さをテーマとした音楽劇で、演者が客席を経由して現れたり、観客が参加する場面があったりするなど、大変盛り上がりました。

 生徒にとって、演劇鑑賞という貴重な機会となりました。東京演劇アンサンブルの皆さん、ありがとうございました。

演者が客席を経由して登場 海賊「マングース」が歌います

国際理解教育講演会を実施しました!

 11月7日(木)の午後、1・2年生を対象に、国際理解教育講演会として、日本赤十字社の方をお招きして、赤十字における国際人道支援について講演をしていただきました。

 赤十字のはじまりや活動の原則を説明していただき、バングラデシュ南部避難民支援事業を例として、赤十字の国際人道支援について、お話しいただきました。

 講演の最後には、「想像力を持ちながら日々の生活を送ってほしい、人々の苦しみ、悲しみに気付いてほしい、気付いたうえで、共感し、何ができるか考えよう。」というお話がありました。

 講演後、この夏に青少年赤十字海外支援事業でバヌアツ共和国に派遣された生徒からのお礼の言葉や、質疑応答が行われました。

 生徒にとって、赤十字の活動を手掛かりとして、世界に目を向ける良いきっかけになったと思います。講師の先生、ありがとうございました。

赤十字7原則 お礼の言葉 質疑応答

吹奏楽部から定期演奏会のお知らせです

吹奏楽部から定期演奏会のお知らせです。


吹奏楽部です。
来る12月26日(木)に、さいたま市民会館おおみやにて
第39回定期演奏会を開催いたします。
例年3月に行っているものですが、今年は年内に実施する運びになります。
岩槻高等学校吹奏楽部にとって1年の集大成で3年生のラストステージです。
現在部員は準備・練習に追われており、頑張っているところです。

皆さま、ぜひお誘いあわせの上、ご来場ください。
また近くなりましたらご案内させていただきます。
チケット・お問い合わせは顧問「いのまた」までよろしくお願いいたします。

 

 

車いすバスケットボールを体験しました!

 11月1日(金)、1学年では、人権教育講演会として「車いすバスケットボールを体験する」を行いました。当日は8名の車いすバスケットボール競技者の皆様にご協力いただきました。

 それぞれの皆さんが事故や病気で車いすを利用することになった経緯や、車いすバスケットボールとの出会いの話にはじまり、車いすバスケットボールの歴史やルール、競技用車いすの進化まで、実演を含めてお話しいただきました。

 その後、競技者の皆様に本校教員3名が加わってのデモゲーム(写真左)、本校生徒同士のミニゲームを(写真右)行いました。

 ゲーム後には、「失われたものを数えるな、残されたものを最大限に生かせ」という言葉をご紹介いただき、最後に質疑応答の時間が設けられました。大きなけがをしたときから現在までの心境の変化や、競技者としての今後の目標などの質問にお答えいただきました。

 ゲームでは、手だけで車いすを動かすことに苦労しながらも、積極的にシュートを試みるなど、白熱した試合となり、シュートが決まるたび大きな歓声と拍手が起きるなど、体育館全体が一つになったようでした。また、講師の皆さんのお話も、車いすバスケットボールという切り口を通して、それぞれが様々な感想を持ったようです。

 ご協力いただいた皆様、本日はありがとうございました。

本校教員も参加 本校生徒同士のミニゲーム