岩高ニュース

学校行事など

第3回異文化セミナーを実施しました!

 岩槻高校国際文化科では、学期に1回、「異文化セミナー」を実施しています。

 令和元年度第3回異文化セミナーは、国際文化科1・2年生を対象に、本校と高大連携協定を締結している獨協大学の外国語学部フランス語学科教授田中善英先生をお招きして、「ことばと文化の多様性」という御講演をしていただきました。

 各グループに配られたホワイトボードを活用し、様々な問い掛けに対して、思いついたことや考えたことを共有しました。フランス語や日本語、英語を題材とした問い掛けを通して、「ことば」がそれぞれの文化と結びついていることを理解することができました。

 これらの、「ことば」と文化の多様性に関する気付きをもとに、物事は様々に広がっていくこと、当たり前だと思っていたことが当たり前とは限らないこと、したがって、視野を広げることが必要である、ということを実感することができました。

 御講演の中では、フランス語の単語やあいさつについても御紹介いただき、生徒は田中先生に続いて元気よく発声していました。

 今回の御講演を通して、広い視野を持った、国際社会で活躍できる人になってほしいと思います。

 田中先生、本日はありがとうございました。

講師の田中先生ホワイトボードでアイディアを共有遠く離れた国で話されている「英語」は果たして同じものだろうか

第3学期始業式が行われました!

 1月8日(水)、第3学期の始業式を行いました。

 校長講話(写真1枚目)では新年のあいさつに続き、「ノミ」の跳躍の関する実験を題材に、自分で自分に限界を作ってしまうことがないだろうか、という問いかけがなされました。限界を作ってしまう原因は、根拠のない思い込みであることも多く、周りの人の中から目標となるような人を見つけてみるとよい、というお話がありました。また、生徒指導部長講話ではSNSの使用法や、岩高生としての品格、責任についてお話がありました。

 始業式に続き、第70回埼玉県高等学校英語スピーチコンテストの表彰(審査員特別賞、3年男子、写真2枚目)が行われました。

 3学期はまとめの学期です。勉強に、部活動に、全力で頑張ってください。

校長講話表彰

第2学期終業式を行いました!

 12月24日(火)、岩槻高校では、第2学期の終業式等を行いました。

 校長講話では、冒頭、10月19日(土)に授賞式が行われた、「埼玉・教育ふれあい賞」の受賞について紹介がありました。これは、県が「彩の国教育の日」(毎年11月1日)の取組の一環として、日々の教育活動に積極的に取り組み、著しい成果を上げている学校・団体を表彰するもので、本校の地域との連携が評価されたものです。

 続いて、挑戦することの意義について、関連する理論を交えながら、お話がありました。

 その後、生徒会旧役員の功労表彰、新役員の認証が行われました。

 表彰式では、書道部、演劇部、埼玉いなほカップ高校生英語ディベートコンテストベストディベータ―賞受賞者、バドミントン部、バレーボール部、マラソン大会上位入賞者(男女各10位まで)、マラソン大会総合優勝クラス(男女別)、球技大会各種目優勝クラスの表彰が行われました。

 最後に、県教育委員会が実施する県立高校グローバルリーダー育成プロジェクトで、10月31日から11月8日の9日間、アメリカ合衆国のハーバード大学やマサチューセッツ工科大学(MIT)に派遣された生徒の報告が行われました。

 生徒の皆さんにとって、そろそろまとめの時期になってきます。冬休み中も、勉強や部活動などに、しっかり取り組みましょう。

球技大会が行われました!

 12月19日(木)・20日(金)の2日間にわたり、球技大会が行われました。

 競技種目は、1年生がサッカー(男女)とテニス(女子)、2・3年生がサッカー(男女)とバスケットボール(男女)で、いずれもクラス対抗の団体戦として行われました。

 気温が低い中ではありましたが、出場選手だけでなく、応援も大変盛り上がりました。

 上位クラスの表彰は、24日(火)の終業式の後に行われる予定です。

テニス(1年女子)サッカー(1年男子)バスケットボール(3年女子)