岩高ニュース

カテゴリ:ニュース

好天の下、マラソン大会行われる

 11月18日(金)、晴れ渡る小春日和の絶好の天候の中で、マラソン大会が行われました。今年の会場は「埼玉スタジアム2002」の敷地をお借りし、その周回コースを走りました。
 どの生徒も自分が立てた目標の順位、タイムを目指して、のびのびと走っていました。

 

真福寺貝塚発掘に伴うさいたま市文化財保存課の出張授業を受ける

 11月16日(水)、17日(木)に、岩槻高校から歩いて5分の場所にある縄文時代の遺跡、「真福寺(しんぷくじ)貝塚」の発掘調査現地見学授業を、本校2,3年生の地歴科の授業時間を使って行いました。さいたま市教育委員会から文化財保護課の方に2名来ていただき、説明をしてもらいました。また、同時に行われていた発掘事業の様子も見学しました。
 イノシシの歯や当時の形をとどめた縄の文様のついた土器がまさに発掘されるところを目の当たりにして、生徒たちは感激していました。また、この期間に発掘された黒曜石の矢じりや、石の耳飾などを触らせていただきました。
 岩槻高校の周辺は、1万2千年前から3500年前までの間に人間が住んでいた歴史のある場所であることを学びました。生徒たちには今後、この体験を生かし、新しい文化の担い手になってもらいたいと思います。
 
 

真福寺貝塚、縄文時代晩期の遺跡説明文および写真集.pdf

3年生講演会開かれる「がん教育と命の大切さ」

 11月17日(木)、本校3年生対象に、「がん教育と命の大切さ」というテーマで、埼玉医科大学呼吸器外科・緩和ケア推進室準教授の儀賀理暁先生をお招きして講演会が行われました。
 まもなく高校を離れてそれぞれの道を行く3年生に、人生に向き合うあり方について温かいお話をいただきました。生徒たちは先生の言葉を糧に、その一瞬を、ともに生きる家族、仲間とともに、大切に生きていってもらいたいと思います。
 

青少年育成、埼玉市民会議で紙芝居披露

 平成28年11月12日(土)、NPO法人「岩槻まちづくり市民協議会」より依頼され、西原小学校にて、本校インターアクト部が手作りの紙芝居を小学生に披露しました。
 紙芝居は2つ披露しました。1つは「埼玉県さいたま緑のトラスト」について。もうひとつの紙芝居の内容は「岩槻ホタル」についてのものです。本校インターアクト部が考えて手作りし、西原小学校の皆さんに披露しました。
 小学生の皆さんには大変好評で、西原小学校の校長先生、教頭先生からも身に余る賛辞をいただきました。
 今後ともこのような機会があれば、部活動、生徒会などが中心になって参加していきたいと考えております。
 

吹奏楽部、関東大会銀賞!惜しくも全国逃す

 平成28年11月6日(日)、さいたまスーパーアリーナにて、本校吹奏楽部が関東大会に出場しました。
 結果、惜しくも銀賞で、上位3校に与えられる金賞には手が届きませんでした。(金賞は全国大会の出場権が与えられます。)
 ただ、昨年は銅賞だったので、今年は昨年を上回ったということになります。指揮をとった顧問によりますと、「今出来るパフォーマンスは出し切れた」とのことでした。吹奏楽部の皆さんお疲れ様でした。来年こそは金賞をとって全国大会出場を果たせるよう、これからも努力を続けてもらいたいと思います。

 


上の写真は許可を得て撮影したものです。