岩高ニュース

カテゴリ:学校行事

学校紹介⑯【国際交流】

岩槻高校には「毎日が国際交流」というキャッチフレーズがあります。

これは国際文化科のみならず、普通科に所属する生徒も国際交流をする機会が沢山あることからきています。

毎年夏休み中に実施される海外授業体験学習は、オーストラリアのゴールドコーストでのホームステイで現地家族と生活をともにし、現地高校での英語レッスン、交流活動、異文化体験などを通じて英語力や進路意識の向上をはかっています。普通科の生徒もたくさん参加しています。

昨年度はコロナ禍のため実施できませんでしたが、代替行事として【岩槻イングリッシュキャンプ】を実施しました。これは岩高にいながら語学力を高める行事で、多くの生徒が参加しました。

このほか、狭き門を突破して埼玉県主催「県立グローバルリーダー育成プロジェクト」に参加した生徒や海外派遣事業に挑戦する生徒がたくさんいます。

実用英語技能検定に挑戦する生徒も多く、昨年度は準1級に合格した生徒もいました

英語が苦手であったり、自信がなかったりしても、周りの意識に感化されて前向きに取り組む生徒が多いのも「毎日が国際交流」のあらわれとなっています。

学校紹介⑩【芸術鑑賞会】

毎年11月に行われるのが【芸術鑑賞会】です。場所は春日部市民文化会館で実施されることが多いです。

演劇・古典芸能・音楽の3つのジャンルをローテーションでまわしています。

今年度は演劇『ベニスの商人』を鑑賞しました。

学校紹介⑦【小高交流】

毎年9月に行われる【小高交流】は、岩槻小学校・東岩槻小学校・和土小学校との交流行事です。

主に教職を希望する生徒を中心に、岩高生が各小学校へ行き、担任業務のサポートや小学生との学びあいを通して、進路選択の幅を広げたり、人間的な成長を図ったりしています。

ここ2年はコロナ禍のため実施できていませんが、手紙での交流は続けています。

今年度は実施することができました。

学校紹介⑤【夏休み中の国際交流】

岩槻高校には「毎日が国際交流」というキャッチフレーズがあります。

年間を通して様々な国際交流の機会があります。今回は、夏休み中に行われる【イングリッシュサマーキャンプ】と【海外授業体験学習】を紹介します。

例年7月末に行わる【イングリッシュサマーキャンプ】は国際文化科1学年の校外行事です。

福島県にあるブリティッシュヒルズへ行き1泊2日で語学研修に励みます。チェックインから始まり、授業はもちろん、食事や買い物なども含めて英語で2日間を過ごします。この語学研修をきっかけに英語のみならず、他の授業や日々の学校生活に対する意識も高まり人間的にも成長できます。

例年夏休みの後半に行われるのが【海外授業体験学習】です。

これは希望制なので普通科・国際文化科いずれの科の生徒も参加することができます。

約10間の日程でオーストラリアのクイーンズランド州へ行きます。ゴールドコーストでのホームステイを拠点として、現地ウィナム高校との交流や大学への訪問、文化体験、観光などを通して語学力を高め、見聞を広めます。

ここ2年はコロナ禍のため実施できていせんが、国際交流のなかでも充実度が高く、進路実現にもつながる行事となっています。

学校紹介④【体育祭】

毎年5月末~6月初めに実施されるのが体育祭です。予行・本番と2日間になります。

1年・2年・3年の縦割りで団を結成します(8団)。

入場行進の際に行われるダンスパフォーマンスは見ものです。3年生を中心に振り付けなどを決めて、3つの学年が朝練習、放課後練習を経て、本番に臨みます。

今年度はコロナ対応のため、形式や内容に制限がありましたが、思う存分楽しみ力を発揮することができました。