岩高ニュース

カテゴリ:お知らせ

岩高の食堂を紹介します!

 岩槻高校には食堂があります。中学生の皆さんやその保護者の皆さんからも、食堂について多く質問をいただきます。今回は、岩槻高校の食堂の様子を少しだけご紹介します。

 食堂はとても広いスペースです。以前は多くの机・いすを並べていましたが、現在は、席数をしぼる、パーティションを設置する、机やいすの配置を工夫する、などの感染症対策をしています。

写真1枚目:生徒が利用する前の様子、写真2枚目:生徒が利用している様子

 

 メニューは、カレーライス、うどん、そば、ラーメンなど、食堂で食べるものや、教室に持ち帰り可能なパック(丼ものをパックに詰めたもの、定食をパックに詰めたもの)、パン、おにぎり、デザートがあります。季節によりメニューは変化します。

写真3枚目:陳列されたパンなど、写真4枚目:提供口

 

現在のところ、食堂の利用者は、食堂で買った食事をとる生徒と、持ってきた弁当を食べる生徒がほぼ半々です。どちらの生徒にも人気なのが、揚げたてのフライドポテトです。

写真5枚目:1月のメニュー表、写真6枚目:おにぎり、パン、ポテトを抱えて教室に戻る生徒

 

最後に、いくつかのメニューを生徒に頼んで撮影させてもらったので、ご紹介します(醤油ラーメン、カレーライス+フライドポテト、てんぷらうどん、てんぷらそば)。

   

8/27部活動体験中止について

トップページでお知らせしたように8月27日(金)に実施予定であった部活動体験は、感染症の拡大状況を考慮して、また、中学生の皆さんの健康面・安全面を第一として、中止することとさせていただきました。

追加の部活動体験実施の予定はありませんので、このホームページ上で、できるだけ多くの部活動情報を掲載していきますのでご覧になってください。

【書道部】紀の国わかやま総文に参加しました

本校3年生小島百瑚さんが、第45回全国高等学校総合文化祭書道部門に参加しました。出品作は「針切」と呼ばれる和歌集で、およそ2000文字の力作になります。現地では展覧会のほかに交流会に参加し、全国の書道を学ぶ仲間たちと書の交流を図りました。 

中学生の皆さんへ(7月28日の吹奏楽部部活動見学について)

7月28日(水)に予定していました部活動体験についてです。

大会直前の吹奏楽部が校外での活動に変更となり当日の部活動見学はなくなりました

申し込みをされて楽しみにしていた方にはたいへんご迷惑をおかけします。

学校説明会に申し込みされている方は、そのままご参加していただき岩高をよりよく知っていただけたらと思います。

吹奏楽部の部活動見学のみに申し込みをされている方は、欠席等の連絡は不要です。そのままで構いません。

第2回部活動体験は、8月27日(金)を予定しています。第2回では吹奏楽部の見学のみならず体験も可能となっています。申し込み開始は7月30日(金)を予定しています。ぜひご参加ください。

 

中学生の皆さんへ

第1回学校説明会の申し込みは定員に達したため受付を終了しましたが、同日に実施される部活動体験はまだまだ申し込みを受け付けています。

部活動体験は夏休み中の2回だけです。

7月28日(水)

8月27日(金)

ぜひご参加ください。申し込みはこちらから

なお、第2回部活動体験の案内・申し込み開始は、7月30日(金)を予定しています。

同窓会よりランニング・バフが届きました!

 昨年度に続いて、今年度も同窓会にランニング・バフを提供していただきました。1年生なので学年カラーの青になります。体育祭予行で早速着用しました。ありがとうございました。引き続き本校への御支援御協力をお願いいたします。

【1学年】ギネス世界記録に認定!

 4月30日(金)に1学年行事として行った「ギネスチャレンジ」が、世界記録として認定されました。

 コロナのため、今年度は毎年実施している飯盒炊爨やバーベキューができないことから、 どうしたら生徒一人ひとりがより学校に親しみを感じ、 クラスの中に溶け込み、他者との協調性やコミュニケーション力を育めるか、さらにはクラスメイトをはじめとした学年の仲間と協力しながら世界記録挑戦を実施することで、クラスの団結、クラスの枠を超えた学年の団結力を高めることができるかを考え、これに挑戦しました。

 今回挑戦した、「紙吹雪で作るモザイク壁画 世界一」は2センチ四方の市販の紙吹雪を貼り合わせていき、岩槻区の山本測量(株)に測定していただいた結果、最終的に縦約5.1m、横約6.4m、面積32.74平方メートルになる壁画が完成し、ギネスワールズレコードによって、ギネス認定がなされました。

 認定証はまだ届いておりませんので、届き次第、HPにアップさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

岩槻高校における国際理解教育の推進

岩槻高校では、多様な価値観を学び、国際感覚を身につけるため、セミナーや講演会を実施するだけでなく、コンテストや交流プログラムに生徒が積極的に参加しています。

〇 国際文化科異文化セミナー

      第1回  国際文化科卒業生との交流会(7月)

      第2回  校内スピーチコンテスト(10月)

      第3回  国際文化科卒業生によるワークショップ(3月)

                     

〇 国際理解教育講演会の実施(10月 )

演題「スタンダップコメディーと異文化理解」

講師 バイリンガルスタンダップコメディアン Kilara Sen氏 

〇 全国高等学校生徒英作文コンテスト応募(9月)                  

題「What I Am Passionate about」

〇 大学主催英語エッセイコンテスト(10月)応募(優秀賞受賞)

テーマ「新型コロナ感染症」(500語~700語)

〇 高英研主催英作文コンテスト(10月)参加(5位入賞)

英作文課題「コロナウイルスの蔓延により、学校ではオンラインで授業を行うなどの対策がとられました。オンラインでできることが増えている時代において、学校に行く意義は何であると思いますか。具体的に、そう考える理由と共に述べなさい。」(150~200語程度)

             

〇 高英研主催英語ディベート大会オンライン(11月)参加

論題「日本政府は、(ハイブリッド車を含む)化石燃料車の製造と販売を2035年までに禁止すべきである」

〇 日本赤十字社主催 青少年国際交流集会(11月)参加

参加国(地域)アフガニスタン、バングラディシュ、カンボジア、中華人民共和国、香港、マカオ、クック諸島、フィジー、インド、インドネシア、韓国、マレーシア、モルディブ、ミャンマー、ネパール、パキスタン、フィリピン、タイ、東ティモール、トンガ、ベトナム、日本 

〇 埼玉県主催「オンラインによるハーバード大学生・卒業生との交流会」参加(2月)

〇 大学主催英語レシテーションコンテスト応募(2月)

     緒方貞子氏のスピーチ”Preventing Future Genocide and Protecting Refugee”の一部を暗唱

〇 第2外国語授業(スペイン語・中国語・韓国語) 

〇 多文化共生推進員による日本語教室

入試個別相談会を開催しました!

 1月16日(土)午前に、入試個別相談会を開催しました。緊急事態宣言発令中のため、広い会場(食堂)で常時換気を行った上で、対応職員のマスクの着用、消毒液の設置といった感染症対策を万全に行いました。これで今年度の学校説明会・個別相談会は終了となります。本校ホームページには学校案内や学校紹介動画、生徒募集要項・選抜基準を用意しております。岩槻高校が気になっている皆さんは、是非ご覧ください!

食堂で行いました(入口に消毒液設置) 間隔を空けてブースを設置 部活動休止中のため、ポスターを掲示

学校案内(パンフレット)はこちら

学校紹介動画はこちら

生徒募集要項・選抜基準はこちら