岩高ニュース

カテゴリ:今日の出来事

芸術鑑賞会を開催しました!

 11月10日(火)、岩槻高校では春日部市民文化会館大ホールをお借りして、令和2年度芸術鑑賞会を開催しました。1・2年生と3年生で時間を分ける2部制、第1部と第2部で使用する座席を分ける、入館時のアルコールによる手指の消毒(写真1枚目)、マスクの着用といった感染症対策の下で実施しました。

 今年度は、東京アカデミック管弦楽団の皆さんによるオーケストラ演奏です。校歌の演奏に始まり、歌劇「ウィリアム・テル」序曲、アイネ・クライネ・ナハトムジーク、Plink, Plank, Plunk!、ハンガリー舞曲第5番、くるみわり人形より”花のワルツ”といった楽曲を、楽器の説明も交えながら(写真3枚目)演奏していただきました。途中、本校教員による独唱の披露(写真4枚目、フェイスシールド着用)、生徒による指揮者体験(写真5枚目)、音楽科教員のピアノでの参加(写真6枚目)などの特別企画も行われました。

 座席の間隔を開けながらの普段より少ない人数での鑑賞でしたが、生徒は演奏に引き込まれている様子でした。東京アカデミック管弦楽団の皆さん、ありがとうございました。

消毒してから入場 東京アカデミック管弦楽団 バイオリンとビオラ オー・ソレ・ミオ 生徒の指揮者体験 音楽科教員がピアノで参加

Kilara Senさんによる国際理解教育講演会を実施しました!

 10月22日(木)の午後、体育館で国際理解教育講演会が行われました。
講師はスタンダップコメディアンとして国内外で活躍するKilara Sen(キラーラ・セン)さんです。感染症対策として、学年入れ替え2部講演の形態で行いました。

 ご自身の学生時代やアメリカ留学の経験を通して、
多様性とは、人にはそれぞれパーソナルヒストリーがあるということを認めることであるというお話など、たくさんのメッセージをいただきました。

 講演は、生徒を巻き込んで場を柔らかくすることから始まりました。
講演の中では、"Find your own voice."という言葉が紹介され、自分の感じていることを発信することが大切である、そしてそのためには、他者のいうこともよく聴かなければならない、というお話がありました。

 様々なお話をいただき、生徒それぞれ、いろいろな感想を持ったようです。Kilara Senさん、貴重なお話ありがとうございました。

まず、場を柔らかく Find your own voice Kilara Senさん

The 3rd IWAKO English Speech Contestを開催しました!

 10月8日(木)6時間目に、国際文化科の第2回異文化セミナーとしてThe 3rd IWAKO English Speech Contest(第3回岩高スピーチコンテスト)を開催しました。国際文化科生徒が一堂に会してのスピーチコンテストの実施はこれが3回目になります。

 今回は、感染症対策のため、3クラス規模の行事ではありますが、体育館で生徒間の距離を十分取り、換気を行いながら実施しました。

 1年生は2013年7月12日にMalala Yousafzai(マララ・ユスフザイ)さんが国連で行ったスピーチを、2・3年生は自分で作成したスピーチを行いました。授業内で練習を重ね、その結果選抜された合計12人が今日、国際文化科全生徒が集まる中練習の成果を披露しました。生徒の司会で進行し、校長先生の英語による挨拶の後、スピーチが行われました。審査は英語科教員の他、2名のALTも参加し、厳正に行われました。

 1年生は上位2名が、2・3年生は上位3名が表彰されました。最後にALTからの講評が英語で行われ、生徒はそのメッセージに真剣に耳を傾けていました。

 練習を重ねてきた国際文化科の諸君、お疲れさまでした。

【2・3年生入賞者のスピーチタイトル】

1位(2年) "A man, A moment"

2位(2年) "Why did I get interested in English?"

3位(2年) "Transgendered people"

1年生の部優勝者 2・3年生の部 優勝者 入賞者記念撮影

令和2年度入学式を行いました!

 4月8日(水)午後、令和2年度入学式を挙行しました。換気や消毒の準備、座席間隔を広くとるといった感染症対策を十分に行いつつ、式次第も可能な限りコンパクトにしました。317名の新入生の皆さんおめでとうございます。しばらく学校に来られない日々が続きますが、高校生になった自覚をもって生活をしてください。

「入学式」看板を挟んで記念撮影 入学許可 学年団紹介

第54回卒業証書授与式を挙行しました!

 3月10日(火)午前、第54回卒業証書授与式を挙行いたしました。感染症対策として、マスク着用可、職員と卒業生だけでの実施となりました。

 卒業証書授与(写真2枚目)、賞状授与、記念品(生徒会・同窓会・PTA)受領、校長式辞、卒業生代表のことば(写真3枚目)、記念品贈呈、校歌斉唱、などを、コンパクトに行いました。担任の先導で退場(写真4枚目)し、最後のホームルームに向かいました。

 310名の卒業生の皆さん、卒業おめでとうございました。

第54回卒業証書授与式卒業証書授与卒業生代表のことば 卒業生退場

合格発表が行われました!

 3月9日(月)の午前9時に入学許可候補者の発表(合格発表)が行われました。

 9時ちょうどに入学許可候補者の受検番号が掲示されると、自分の受検番号を見つけた受検生から歓声が上がりました。書類を受け取ったあと、改めて掲示板前に戻り、記念撮影する場面も見られました。

 今回入学許可候補者となったみなさん、おめでとうございます。

発表前の様子掲示板を確認する受検生・保護者の様子

令和元年度の第2回学校評議員会・学校評価懇話会を開催しました!

 2月14日(金)、今年度の第2回学校評議員会と、学校評価懇話会を開催いたしました。これは、学校評議員の皆様から御意見をいただくとともに、学校評議員の皆様と本校生徒代表で構成された学校評価懇話会における、学校の自己評価を踏まえた意見交換を通して、学校運営の自律的改善を図る目的で開催されるものです。

 生徒代表が加わった学校評価懇話会では、学校自己評価システムシートの内容を中心とした説明のあと、意見交換が行われました。学校評議員の皆様から、保護者アンケート結果をもとに、生徒の学習時間や入学後の満足度について生徒の意見を尋ねる質問があり、それぞれ、自分や周りの生徒の状況について意見を述べていました。

 学校評議員会・学校評価懇話会の結果は、今後公表予定の学校自己評価システムシートに反映するとともに、今後の学校運営に生かしてまいります。

 学校評議員の皆様、代表生徒の諸君、本日はありがとうございました。

第3回異文化セミナーを実施しました!

 岩槻高校国際文化科では、学期に1回、「異文化セミナー」を実施しています。

 令和元年度第3回異文化セミナーは、国際文化科1・2年生を対象に、本校と高大連携協定を締結している獨協大学の外国語学部フランス語学科教授田中善英先生をお招きして、「ことばと文化の多様性」という御講演をしていただきました。

 各グループに配られたホワイトボードを活用し、様々な問い掛けに対して、思いついたことや考えたことを共有しました。フランス語や日本語、英語を題材とした問い掛けを通して、「ことば」がそれぞれの文化と結びついていることを理解することができました。

 これらの、「ことば」と文化の多様性に関する気付きをもとに、物事は様々に広がっていくこと、当たり前だと思っていたことが当たり前とは限らないこと、したがって、視野を広げることが必要である、ということを実感することができました。

 御講演の中では、フランス語の単語やあいさつについても御紹介いただき、生徒は田中先生に続いて元気よく発声していました。

 今回の御講演を通して、広い視野を持った、国際社会で活躍できる人になってほしいと思います。

 田中先生、本日はありがとうございました。

講師の田中先生ホワイトボードでアイディアを共有遠く離れた国で話されている「英語」は果たして同じものだろうか

第3学期始業式が行われました!

 1月8日(水)、第3学期の始業式を行いました。

 校長講話(写真1枚目)では新年のあいさつに続き、「ノミ」の跳躍の関する実験を題材に、自分で自分に限界を作ってしまうことがないだろうか、という問いかけがなされました。限界を作ってしまう原因は、根拠のない思い込みであることも多く、周りの人の中から目標となるような人を見つけてみるとよい、というお話がありました。また、生徒指導部長講話ではSNSの使用法や、岩高生としての品格、責任についてお話がありました。

 始業式に続き、第70回埼玉県高等学校英語スピーチコンテストの表彰(審査員特別賞、3年男子、写真2枚目)が行われました。

 3学期はまとめの学期です。勉強に、部活動に、全力で頑張ってください。

校長講話表彰

第2学期終業式を行いました!

 12月24日(火)、岩槻高校では、第2学期の終業式等を行いました。

 校長講話では、冒頭、10月19日(土)に授賞式が行われた、「埼玉・教育ふれあい賞」の受賞について紹介がありました。これは、県が「彩の国教育の日」(毎年11月1日)の取組の一環として、日々の教育活動に積極的に取り組み、著しい成果を上げている学校・団体を表彰するもので、本校の地域との連携が評価されたものです。

 続いて、挑戦することの意義について、関連する理論を交えながら、お話がありました。

 その後、生徒会旧役員の功労表彰、新役員の認証が行われました。

 表彰式では、書道部、演劇部、埼玉いなほカップ高校生英語ディベートコンテストベストディベータ―賞受賞者、バドミントン部、バレーボール部、マラソン大会上位入賞者(男女各10位まで)、マラソン大会総合優勝クラス(男女別)、球技大会各種目優勝クラスの表彰が行われました。

 最後に、県教育委員会が実施する県立高校グローバルリーダー育成プロジェクトで、10月31日から11月8日の9日間、アメリカ合衆国のハーバード大学やマサチューセッツ工科大学(MIT)に派遣された生徒の報告が行われました。

 生徒の皆さんにとって、そろそろまとめの時期になってきます。冬休み中も、勉強や部活動などに、しっかり取り組みましょう。