岩高ニュース

カテゴリ:今日の出来事

第54回卒業証書授与式を挙行しました!

 3月10日(火)午前、第54回卒業証書授与式を挙行いたしました。感染症対策として、マスク着用可、職員と卒業生だけでの実施となりました。

 卒業証書授与(写真2枚目)、賞状授与、記念品(生徒会・同窓会・PTA)受領、校長式辞、卒業生代表のことば(写真3枚目)、記念品贈呈、校歌斉唱、などを、コンパクトに行いました。担任の先導で退場(写真4枚目)し、最後のホームルームに向かいました。

 310名の卒業生の皆さん、卒業おめでとうございました。

第54回卒業証書授与式卒業証書授与卒業生代表のことば 卒業生退場

合格発表が行われました!

 3月9日(月)の午前9時に入学許可候補者の発表(合格発表)が行われました。

 9時ちょうどに入学許可候補者の受検番号が掲示されると、自分の受検番号を見つけた受検生から歓声が上がりました。書類を受け取ったあと、改めて掲示板前に戻り、記念撮影する場面も見られました。

 今回入学許可候補者となったみなさん、おめでとうございます。

発表前の様子掲示板を確認する受検生・保護者の様子

令和元年度の第2回学校評議員会・学校評価懇話会を開催しました!

 2月14日(金)、今年度の第2回学校評議員会と、学校評価懇話会を開催いたしました。これは、学校評議員の皆様から御意見をいただくとともに、学校評議員の皆様と本校生徒代表で構成された学校評価懇話会における、学校の自己評価を踏まえた意見交換を通して、学校運営の自律的改善を図る目的で開催されるものです。

 生徒代表が加わった学校評価懇話会では、学校自己評価システムシートの内容を中心とした説明のあと、意見交換が行われました。学校評議員の皆様から、保護者アンケート結果をもとに、生徒の学習時間や入学後の満足度について生徒の意見を尋ねる質問があり、それぞれ、自分や周りの生徒の状況について意見を述べていました。

 学校評議員会・学校評価懇話会の結果は、今後公表予定の学校自己評価システムシートに反映するとともに、今後の学校運営に生かしてまいります。

 学校評議員の皆様、代表生徒の諸君、本日はありがとうございました。

第3回異文化セミナーを実施しました!

 岩槻高校国際文化科では、学期に1回、「異文化セミナー」を実施しています。

 令和元年度第3回異文化セミナーは、国際文化科1・2年生を対象に、本校と高大連携協定を締結している獨協大学の外国語学部フランス語学科教授田中善英先生をお招きして、「ことばと文化の多様性」という御講演をしていただきました。

 各グループに配られたホワイトボードを活用し、様々な問い掛けに対して、思いついたことや考えたことを共有しました。フランス語や日本語、英語を題材とした問い掛けを通して、「ことば」がそれぞれの文化と結びついていることを理解することができました。

 これらの、「ことば」と文化の多様性に関する気付きをもとに、物事は様々に広がっていくこと、当たり前だと思っていたことが当たり前とは限らないこと、したがって、視野を広げることが必要である、ということを実感することができました。

 御講演の中では、フランス語の単語やあいさつについても御紹介いただき、生徒は田中先生に続いて元気よく発声していました。

 今回の御講演を通して、広い視野を持った、国際社会で活躍できる人になってほしいと思います。

 田中先生、本日はありがとうございました。

講師の田中先生ホワイトボードでアイディアを共有遠く離れた国で話されている「英語」は果たして同じものだろうか

第3学期始業式が行われました!

 1月8日(水)、第3学期の始業式を行いました。

 校長講話(写真1枚目)では新年のあいさつに続き、「ノミ」の跳躍の関する実験を題材に、自分で自分に限界を作ってしまうことがないだろうか、という問いかけがなされました。限界を作ってしまう原因は、根拠のない思い込みであることも多く、周りの人の中から目標となるような人を見つけてみるとよい、というお話がありました。また、生徒指導部長講話ではSNSの使用法や、岩高生としての品格、責任についてお話がありました。

 始業式に続き、第70回埼玉県高等学校英語スピーチコンテストの表彰(審査員特別賞、3年男子、写真2枚目)が行われました。

 3学期はまとめの学期です。勉強に、部活動に、全力で頑張ってください。

校長講話表彰