岩高ニュース

学校行事など

放課後部活動

感染症対策のため活動日数など制限はありますが、放課後は部活動で青春を実感しています。

女子バスケットボール部

 女子バレーボール部

柔道部

サッカー部

軽音楽部

吹奏楽部

音楽部

華道部

茶道部

国際文化交流部

書道部

生活研究部

 

 

 

【3学年遠足】

4月30日(金)3学年は遠足で富士急ハイランドへ行ってきました。感染症対策のため通常はクラス1台のところ2台のバスを利用して密状態を避けて移動しました。

天気は快晴で、富士急ハイランドからも富士山が非常にきれいに見ることができました!

岩槻高校の生徒として行える行事はわずかとです。1日1日を大切に過ごしていけるといいですね。

 遠足実施にあたり、ご理解ご協力いただいた保護者の皆さま、感染症対策を丁寧にとっていただいたバス会社、富士急ハイランドの皆さま、ありがとうございました。

 

 

 

新体力テスト・身体計測

5月7日(金)は、全学年新体力テスト・身体計測でした。感染症対策をとったため、体育館種目を中止とするなど制限があるなかでしたが、予定したものは全て実施することができました。

1学年行事「ギネスチャレンジ」

 4月30日(金)に、1年生全員でギネスの記録更新を目指し、大きなモザイク壁画アートの制作に挑戦しました。目標の大きさはこれまでのギネス記録である28平方メートルを超える約30平方メートルです。デザインは埼玉県とマスコットキャラクター「コバトン」と「ヌゥ」が描かれています。

 コロナの影響もあり遠足の飯盒炊爨などの活動が難しいため、クラスの交流を深め、学年全体で協力して取り組むことができる行事として企画し、実施しました。ギネスの認定は、撮影した動画や証人書類、求積図等をギネスの事務局に送り、認定されれば5月下旬ごろに正式に記録される予定です。※求積図は山本測量(株)様にご協力いただきました。

 また、当日はテレビさいたまの取材を受けました。下のリンク先にYahoo!ニュースにて本行事の記事が掲載されておりますので、ぜひご覧ください。

「岩槻高校 モザイク壁画でギネスに挑戦/埼玉県 4/30(金) 19:08」

 URL https://news.yahoo.co.jp/articles/c1eb2a9c603b20b1e0d2ee2919b441840c2d549a

【2学年遠足】

4月30日(金)2学年は遠足で鴨川シーワルドへ行ってきました。感染症対策のため通常はクラス1台のところ2台のバスを利用して密状態を避けて移動しました。

天候にも恵まれ、クラスメイトとの交流・親睦を深めることができました。また、これから実施予定の体育祭や文化祭、沖縄修学旅行へ向けていい雰囲気を作ることができました。

遠足実施にあたり、ご理解ご協力いただいた保護者の皆さま、感染症対策を丁寧にとっていただいたバス会社、鴨川シーワールドの皆さま、ありがとうございました。

授業風景

4月30日(金)は遠足など学年行事となっています。連休も近づいてきましたが、授業中は集中した姿が見られます。

1年生音楽

1年生美術

1年生書道

1年生保健

3年生現代文

3年生英語表現

3年生英語表現

 

 

 

授業風景

年度当初の忙しさも落ち着き、本格的に授業が始まっています。今回はその様子をご覧いただきます。

授業中ですが、たまにはリラックス!

1年生の入学式後の様子

 8日(木)の入学式後、1年生は9日(金)学年集会や新入生歓迎会、12日(月)課題考査や部活動紹介、13日(火)スタディーサポートなどを実施しました。

 14日(水)からは通常授業となりました。まだ慣れない学校生活が続くかもしれませんが、早く岩高に慣れて充実した学校生活を送りましょう。

生徒会主催の新入生歓迎会では、岩高クイズが実施されました。

 

部活動紹介は、教室で動画を視聴しました。

 

15日(木)LHRでは、校歌指導が行われました。

 

入学式

 

4月8日(木)入学式が行われました。

在校生、教職員ともに新入生と学校生活を送れることを楽しみにしています。

式後には、音楽部と吹奏楽部による校歌披露がありました。

完成しました。

 

新年度となりました

部活動も再開され、活気のある学校が戻りつつあります。勉学に励むことはもちろんですが、学校生活を充実させるには放課後の部活動は必須です。

新入生のみなさんは、入学後に部活動紹介・部活動見学を経て本格的な活動となります。今回は過去の部活動紹介と部活動紹介資料をご覧ください。

修了式・1学年集会

3月24日(水)修了式でした。校長講話・生徒指導部主任講話に続き、1学年集会も行われ、演劇部と書道部の表彰がありました。

教育活動が制限される中で耐えるところは耐え、その分強くなった1年生。4月からの活躍を期待します。集会の最後には1年間の思い出スライドが上映されました。

 

生徒会誌【真砂(まさご)】完成しました

岩槻高校では、毎年【真砂】という名前の生徒会誌を発行しています。

部活動紹介・クラス紹介・特集ページなど多岐に渡り、新1年生にとっては岩高がどんなところか分かるとっておきの一つになることでしょう。

入学後に配布されますが、今回はその一部をお見せします。

1学年進路行事

3月19日(金)1学年では「卒業生による進路講演会」が実施されました。

埼玉大学教育学部(一般入試)

昭和女子大学国際学部(一般入試)

東京医療保健大学医療保健学部(一般入試)

東京電機大学理工学部(指定校推薦)

獨協大学経済学部(指定校推薦)

春日部市立看護専門学校(公募制推薦)

明治学院大学法学部(公募制推薦)

産業能率大学経営学部(総合型選抜)

埼玉県警察本部(公務員)

先日卒業した55期生のうち、上記へ進路決定した9名を招き、受験体験談や進路選択の動機などを話してもらいました。

卒業生からの直接の話と質疑応答を通じて、進路決定までの流れをつかみ、進路選択をより深く考えることができました。

卒業生の皆さんありがとうございました。

 

卒業式

3月9日(火)第55回卒業証書授与式が行われました。

感染症対策をとったため、例年と違う形式での実施となりましたが、厳粛かつ荘厳な卒業式を開催することができました。

HRでは涙する生徒もいましたが、最後は笑顔でお別れとなりました。

卒業おめでとうございます!4月からの新しいステージでの活躍を祈っています。

「卒業おめでとう♪」

 

合格さくら

 55期生の合格さくらが完成しました。3年生の進路先と後輩へのメッセージをさくらの花びらに載せました。卒業生は、これからそれぞれの進路先で羽ばたいていってください。後輩のみなさんは、1年後2年後を見据えて合格さくらを咲かせましょう!

合格さくらを育てた3学年教員団

卒業式予行

 3月8日(月)に卒業式予行が行われました。久しぶりの登校となりましたが、みんな笑顔で元気でした。

卒業生を驚かせたのが、下級生からのメッセージ。3学年フロアには、クラス単位・部活動単位で、はなむけのメッセージが掲示されました。みんな足を止め、下級生からのメッセージを熱心に読んでいました。

 

卒業式予行後には、3年間の想い出のスライドや先生方によるダンス動画が上映されました。

 

小高交流

『和土小学校の児童の皆さんからのメッセージ」(小高交流事業)

小高交流事業について

岩槻高校では小学校との交流を18年前から継続しています。

交流を行っている小学校は、次の3校です。

 さいたま市立和土小学校

 さいたま市立岩槻小学校

 さいたま市立東岩槻小学校

2019年度は42名の岩高生が参加しました。

参加生徒の多くは、教育関係の職業に就くことを将来の目標としています。

小学校の児童の皆さんと授業・給食・休み時間など学校生活を共に過ごします。

参加した岩高生の感想です。

・児童の皆さんの一生懸命な姿に感動しました。

・先生方は毎日何十人もの児童を指導され、心から凄いと感じました。

・児童の皆さんと学んだり遊んだり、素直な心、思いやりの心を思い起こしました。

・先生方から子供たちとの関わり方を教えていただきました。

・子供たちに注意するときは、その場面に合った注意が大切であることがわかりました。

・教師になりたいという気持ちが一層強くなりました。

・この経験は今後の高校生活や進路決定に必ず役に立つと思います。

今年度は、新型コロナウィルス感染症の影響により、小学校への訪問は中止となりました。

そこで、高校生から各小学校の児童の皆さんへメッセージを贈ることにしました。

今回、思いもかけず児童の皆さんからお礼のメッセージが届きました。

児童の皆さん、心温まる言葉をしっかりと受け止めました。ありがとうございます。

来年度は、感染対策に十分に取り組み、ぜひ交流を実施したいと思います。

 

 

 

過去の様子を写真で紹介します。

 

授業風景【芸術科授業・作品展示】

今回は芸術科(1年生)の授業風景や作品展示を紹介します。

音楽では、ミュージックベルのグループ発表を行いました。「星に願いを」など、それぞれのグループが息の合った演奏を目指して毎時間練習に励みました。お互いの演奏を生徒たち自身も楽しみながら聞いていました。 

 

書道では、かな散らし書きの授業を行いました。お手本となっている俳句を自分のセンスで色紙にレイアウトする学習です。

 

美術では、2学期・3学期をかけて、木彫で時計の文字盤を作りました。自分の部屋など飾る部屋を設定してデザインを考えました。彫刻刀での彫りだし、ヤスリがけ、着色、ワックスがけなど、多くの工程を行い完成させました。

 

 

岩槻高校における国際理解教育の推進

岩槻高校では、多様な価値観を学び、国際感覚を身につけるため、セミナーや講演会を実施するだけでなく、コンテストや交流プログラムに生徒が積極的に参加しています。

〇 国際文化科異文化セミナー

      第1回  国際文化科卒業生との交流会(7月)

      第2回  校内スピーチコンテスト(10月)

      第3回  国際文化科卒業生によるワークショップ(3月)

                     

〇 国際理解教育講演会の実施(10月 )

演題「スタンダップコメディーと異文化理解」

講師 バイリンガルスタンダップコメディアン Kilara Sen氏 

〇 全国高等学校生徒英作文コンテスト応募(9月)                  

題「What I Am Passionate about」

〇 大学主催英語エッセイコンテスト(10月)応募(優秀賞受賞)

テーマ「新型コロナ感染症」(500語~700語)

〇 高英研主催英作文コンテスト(10月)参加(5位入賞)

英作文課題「コロナウイルスの蔓延により、学校ではオンラインで授業を行うなどの対策がとられました。オンラインでできることが増えている時代において、学校に行く意義は何であると思いますか。具体的に、そう考える理由と共に述べなさい。」(150~200語程度)

             

〇 高英研主催英語ディベート大会オンライン(11月)参加

論題「日本政府は、(ハイブリッド車を含む)化石燃料車の製造と販売を2035年までに禁止すべきである」

〇 日本赤十字社主催 青少年国際交流集会(11月)参加

参加国(地域)アフガニスタン、バングラディシュ、カンボジア、中華人民共和国、香港、マカオ、クック諸島、フィジー、インド、インドネシア、韓国、マレーシア、モルディブ、ミャンマー、ネパール、パキスタン、フィリピン、タイ、東ティモール、トンガ、ベトナム、日本 

〇 埼玉県主催「オンラインによるハーバード大学生・卒業生との交流会」参加(2月)

〇 大学主催英語レシテーションコンテスト応募(2月)

     緒方貞子氏のスピーチ”Preventing Future Genocide and Protecting Refugee”の一部を暗唱

〇 第2外国語授業(スペイン語・中国語・韓国語) 

〇 多文化共生推進員による日本語教室

学校紹介㉚【国際文化科】

過去の学校案内で掲載された国際文化科卒業生のコメントを紹介します。

「私が国際文化科を選んだのは、苦手な英語を克服したいという思いからでした。実際入ってみると国際文化科は英語に力を入れているだけではなく、‟毎日が国際交流”という言葉がまさに現実になっているような学科でした。

クラスの中には外国人や留学生がいて日本語とは違う言語が日常的に教室の中に飛び交っていて、最初はとても驚きました。苦手だった英語も少しずつ改善し、異文化理解や時事英語などすべて英語で行われる授業でもついていけるようになりました。また異文化セミナーなどの国際文化科にしかない行事や外国人との日常会話を通して、さまざまな国の文化を学び、また自分の国の文化を見つめ直す機会も多くありました。

私はこの経験から日本の文化をもっと深く知りたいと思うようになり、今の進路を決めることができました。国際文化科は私のように英語が苦手であっても、外国人との交流に興味がある方にはとてもオススメな学科です。皆さんが高校で素敵な3年間を過ごせるように願っています。」

 

夢は世界へ!毎日が国際交流

学校紹介㉙【校内展示(芸術作品紹介)】

現在、校内展示スペース(管理棟3階)では、芸術選択者の作品が展示されています。 

美術選択者(2年生)は、油絵で想像画の制作をしました。自分の世界観を大切に創意工夫のある表現で作品を仕上げました。

書き初め展覧会(県展)では、推薦賞1名、特選賞7名、優良賞2名が受賞しました。

【オンラインによるハーバード大学生・卒業生との交流会】

国際文化科2年生4名が、県立高校生を対象として1月24日に実施された「オンラインによるハーバード大学生・卒業生との交流会」にCAI教室から参加しました。オンラインで、進路について大学生から英語でのレクチャーを受け、「新型コロナ感染症に社会はどのように対応すべきか」というテーマで英語での意見交換を行いました。速いスピードの英語に戸惑いながらも、交流を通して、多様な視点を持つこと、身の回りだけでなく世界にも目を向けること、努力をすること、などの大切さを学び、貴重な経験をしました。

      

学校紹介㉘【部活動(軽音楽部)】

岩高で所属部員数が一番多いのが軽音楽部です。活動場所は視聴覚室です。実際にバンドで活動できるのは週に1回だけとなります。バンド活動が主になりますが、学校の部としてしっかり規則を守って活動することが前提です。ミーティング、代表会議、練習シフトの作成、活動場所の掃除、ライブの運営など部として責任を持って行動することが部員の義務です。

校内ライブは4月の新入生歓迎ライブ、7月のサマーライブ、9月文化祭ライブ、11月の1年生ライブ、12月のクリスマスライブ、1月のニューイヤーライブ、3月の卒業ライブがあります。それぞれバンドはライブ出場を目指して練習しています。

 

学校紹介㉗【夢の数だけ扉は開く】

生徒一人ひとりの夢の実現に向けて、岩高教職員が一丸となってサポートしてきます。経験豊かなベテランからエネルギッシュな若手までバランスの取れたチームとして、教科指導・進路指導・部活動指導など多岐に渡り、きめ細やかな指導をしていきます。

学校紹介㉖【体育祭(集合写真)】

体育祭終了後は、教室へ戻って帰りのSHRなのですが、生徒はなかなか戻りません。各団集まり、団長から最後のメッセージが団員に伝えられます。体育祭は予行・本番の2日間ですが、そこに至るまでの道のりは長く険しく、特に団長の苦悩は数知れず。団長からの想い・最後のメッセージに涙する生徒もいます。そして、最後は笑って集合写真。先輩後輩の絆が深まり最高の瞬間です!

 

なお、校内掲示物には歴代団長コーナーがあります。

 

学校紹介㉕【進路行事】

年間通して様々な進路行事があります。そのなかでも生徒の興味関心を最も喚起させるのが分野別のガイダンスです。大学・短大・専門学校から講師を招き、講義形式や実演形式で実施します。

学校紹介㉔【卒業式】

現在、3年生は家庭研修期間中です。受験に臨む生徒や4月からの新たなステージに向けて準備をする生徒など様々ですが、卒業式は約1か月後となります。特にこの1年間はいろいろな制限があるなかでの学校生活となり、また進路を決めなければなりませんでした。感慨深い卒業式となることでしょう。今回は過去の卒業式の様子をご覧ください。

 

学校紹介㉓【1学年行事】

2月4日(木)5時間目には1学年行事として「岩高クイズ大会」が行われました。岩高をよりよく知るという趣旨で、岩高の歴史や1学年教員にまつわる問題等が30問出題されました。

最後のスペシャル問題では、4人の先生に参加してもらいバスケットのフリースローを投げてもらいました。女子バスケットボール部顧問の田島先生がしっかり決めると大歓声があがりました。

各クラス1位には少し早いですが、バレンタインチョコが進呈されました。コロナ禍で教育活動が制限されるなか、充実した学年行事となりました。

 

学校紹介㉒【国際文化科卒業生からのメッセージ】

平成30年3月に国際文化科を卒業した水村和司君は慶応義塾大学文学部に進学しました。

2019年の学校案内に掲載されたメッセージを紹介します。

「私は高校生になるまでまともに勉強したことがなく、やりたいことだけをやり、しなくてはならないことをしないような人間でした。特に目標とするものもなく家から近いという理由で岩槻高校に入学しました。

国際文化科を選んだ理由は大学進学率が若干高かったためです。しかし、国際文化科を選んでいなければ、今の自分はなかった可能性があります。国際文化科には海外から来た人や海外在住経験のある人もいます。そして、そのような人の多くは英語力を備えています。国際文化科ではこのような人と話をする機会があり、同じ土俵で競うことができ、多くのものを吸収できます。

私は受験勉強全体を通して助けられたことが多かったです。特に英語力を身に着けるうえで国際文化科の仲間の存在は大きかったです。センター試験では英語の筆記で188点をとることができました。

環境は整っているはずだから、あとは自分の意志を持ち、うまく取捨選択をできれば、努力と根性で人生はかわります。正直普通科でも国際文化科でも岩槻高校でもほかの高校でも本人次第でどうにでもなるけど、私は同じような高校の中では岩槻高校の国際文化科をおすすめします。皆さんが楽しい高校生活を送れますよう祈っています。」

 

 

学校紹介㉑【球技大会】

球技大会は2学期末に行われます。男子がサッカーとバスケットボールで、女子がサッカーとバスケットボールとテニス(1年生)です。雨天時は全学年バレーボールとなります。学年別に実施されて優勝を目指します。

学校紹介⑰【毎日が国際交流】

国際文化科のみならず普通科の生徒にも国際交流をする機会があります。海外に行かなくても国際交流をすることができるので、岩槻高校には「毎日が国際交流」というキャッチフレーズがあります。

オーストラリア高校生来日

 

フランスからの留学生

 

韓国からの留学生

 

異文化セミナー

 

中国教員団来日

 

 

 

学校紹介⑯【部活動(体育館種目)】

体育館では、男子バスケットボール部・女子バスケットボール部・女子バレーボール部・女子バドミントン部の4団体が活動しています。

基本的にコート2面を、前半・後半にわけて活動しています。

 

なお、卓球部は体育館ではなく、専用の建物で活動してます。

 

学校紹介⑮【体育祭】

例年5月末から6月初めに、予行・本番と2日間実施されます。

8団で競い優勝を目指します。

とにかく盛り上がります。アツいです。激闘激走ぶりをご覧ください!

入場行進の際には、各団最も力を入れているダンスパフォーマンスを披露。その盛り上がりぶりに思わず教員も飛び入り?

 

男と男のアツい戦い騎馬戦!女子からは黄色い声援が送られます。

 

綱引きは優勝を左右する高得点種目。

 

最後はみんなで集合写真。先輩後輩の仲も深まります。一生の思い出です。

 

リレーでは教員チームも登場。大人も本気です!

 

 

体育祭で一緒にアツくなろう!

学校紹介⑭【国際文化科紹介】

普通科と何が違うのか?

普通科文系と近い内容ですが、語学系・国際系などの「文系科目」が充実しています。

国際文化科は各学年1クラスですが、毎年、国公立大学や難関私立大学を突破する実績をあげています。これは専門学科ならではの充実した授業展開と、高い目的意識を持った生徒が集まっていることによるものです。さらに、大学受験で重視される英語の授業がきわめて充実し、少人数授業やALTとのTeam Teaching授業によって英語力が向上します。英語四技能が求められる近年、岩槻高校で培った英語力が大きな武器になっています。

英語が得意、好きという人はもちろん、英語が苦手であってもチャレンジしたい人は大歓迎です。国際文化科の扉を開くと、様々な言語が飛び交い、個性あふれるクラスメイトがそこにいます。新しい世界に触れ、多くの経験を持った仲間から刺激を受け、自分を成長させることができる素晴らしい環境が整っています

岩槻高校国際文化科から世界への一歩を踏み出しましょう!

 【国際文化科卒業生の大学合格実績】

平成28年度

立教大学グローバルリベラルアーツ学部

明治学院大学国際学部

獨協大学国際教養学部

獨協大学外国語学部

法政大学グローバル教養学部

平成29年度

慶応義塾大学文学部

上智大学国際教養学部

中央大学総合文化政策学部

東京理科大学経営学部

法政大学文学部

法政大学経済学部

青山学院大学経営学部

獨協大学外国語学部

平成30年度

獨協大学外国語学部

日本女子大学人間社会学部

国学院大学文学部

令和元年度

順天堂大学国際教養学部

獨協大学外国語学部

大妻女子大学文学部

 

 

学校紹介⑬【修学旅行】

修学旅行は10月末から11月初めに実施されることが多いです。行先は、ここ最近は沖縄ですが、北海道や四国方面で実施されたこともあります。

2019年度は民泊を取り入れました。1日目に平和学習を実施してから民泊。2日目午前中に民泊家庭で家業体験をしました。午後はお土産屋を経由して古宇利島でクラス集合写真の撮影。2,3泊目はマハイナウェルネスリゾートオキナワに宿泊しました。リゾート気分を存分に味わい、3泊目はマリン体験と美ら海水族館で沖縄の海を満喫!最終日は国際通りで班別研修。最高の4日間でした。

平和学習

 

家業体験

 

お土産屋

 

古宇利島

 

マリン体験

 

美ら海水族館

 

マハイナウェルネスリゾートオキナワ

 

国際通り

 

 

一緒に修学旅行を楽しみましょう♪

 

学校紹介⑫【文化祭】

文化祭は例年9月初めに行われます。

今年度は新型コロナウィルスの影響で実施することはできませんでしたが、ここ3、4年のパンフレットや写真を紹介します。

クラスごとにアトラクションやお化け屋敷、食品販売などを企画します。文化部も作品の展示やパフォーマンスを行います。

また、校内選考で認められた有志団体によるダンスやバンドの披露もあります。

各クラスTシャツを作成し、それを着て当日は過ごす生徒が多いです。ひとつの企画、作品等を完成させるまでには色々と困難もありますが、成功した際の楽しさ喜びは計り知れません!!

来年度以降がどのような形で文化祭が行われる のかは分かりませんが、行われた時には岩高生活で一番思い出に残る一つとなるでしょう!!

 

 

学校紹介⑪【授業風景(総探・LHR)】

1月28日(木)5時間目(総探)・6時間目(LHR)の2時間を使って、1学年は自分の趣味や好きなもののプレゼンテーションを行いました。

時間内でぴったりで終わるようにしたり、Googleスライドを使っていたり、原稿内容を暗記したりなどの入念な事前準備をしてからの発表となりました。

約1年間一緒に過ごしていたクラスメイトの意外な一面を知ることができてより絆が深まったことと思います。

 

学校紹介⑩【海外授業体験学習】

海外授業体験学習は、希望者を対象に夏休み中の約1週間実施しているものです。行先はオーストラリアクイーンズランド州。埼玉県の友好姉妹州となっており、リゾート地ゴールドコーストでも有名です。現地家庭でホームステイをし、交流校での英語レッスンや授業参加、日本文化紹介などの交流活動を行います。また、州立大学を訪問し、日本人留学生との交流もしています。異文化体験だけでなく、英語力や進路意識の向上につながっています。

 

学校紹介⑨【遠足】

遠足は5月初めに実施されます。

1年生は長瀞方面で実施することが多いです。カレーを作ったりバーベキューをしたりして親睦を深めます。食後は、ライン下りや地元商店街散策をして楽しみます。

2年生は沖縄修学旅行の事前研修を兼ねて、羽田空港経由の都内(または神奈川)散策のパターンが多いです。2019年度は午前中は大学見学をして、その後都内班別行動を楽しみました。

 

学校紹介⑧【入学式】

何かの縁で岩高へ入学し、クラスメイトや担任と出会い、苦楽を共にして成長してほしいという願いから、岩高では‟一期一会”を大切にしています。4月の入学式が今から楽しみです。

 

学校紹介⑦【吹奏楽部動画】

すでに案内しておりますが、1月24日(日)に予定していた第40回定期演奏会はひとまずとりやめとなっています。

定期演奏会に向けて予告動画を作成しておりましたが、今後開催できるのか中止となるのかは未定となっています。せっかく作成した動画であり、皆さまにも観ていただきたいものなので、今回はその予告動画の紹介となります。

過去の定期演奏会の様子は掲示物で紹介します。

学校紹介⑥【イングリッシュサマーキャンプ】

イングリッシュサマーキャンプとは、国際文化科1年生の1泊2日の校外行事です。例年7月末に実施されています。行先は福島県にある語学研修施設ブリティッシュヒルズ。建築様式からインテリアまで「英国」の施設に宿泊をし、英語を学びます。毎年、英語を使う経験を通して、英語学習に対する興味やモチベーションが上がり、異文化への興味が深まったといういう感想がきかれます。

学校紹介⑤【生徒会誌真砂(まさご)】

 岩槻高校では、毎年『真砂』という名前の生徒会誌を発行しています。生徒会役員と真砂委員の生徒が一生懸命、試行錯誤しながら作っています。

特に特集ページは必見です。生徒の皆さんや先生方にアンケートを実施して作られることが多いです。岩高生の恋愛事情や流行っていること、先生方の意外な姿を知ることが出来ます!!今年はさらに充実した特集ページになっているので楽しみに待っていてください。

新1年生にとっては岩高がどんなところなのか分かるとっておきのひとつになることでしょう。今回は過去の真砂の一部を紹介します!!

 

学校紹介④【部活動ポスター】

岩槻高校には、運動部が12団体、文化部が17団体、同好会が2団体あります。中学校から継続した部活動に所属する生徒もいれば、新しい部活動にチャレンジする生徒もいます。いずれにしても、充実した放課後を過ごしています。過去の部活動ポスターですが、少しでも雰囲気が伝わればと思い紹介します。一緒に青春実感しましょう。

 

学校紹介③【3年生芸術】

今回は3年生芸術(書道・美術・音楽)の作品展示及び発表の紹介です。

書道・美術選択者は、卒業制作として作品をつくりました。

書道では、自分の好きな文字を書き、それを加工してガラスのペーパーウェイトに仕上げました。

 

美術では、各自が興味のある画材を選択し、作品をつくりました。

油絵、水彩画、コラージュ立体や絵本などの独創性のある作品が並んでいます。

 

器楽一般のクラスは、2学期から準備してきた発表会を行いました。美術選択の生徒や多くの教員も鑑賞しました。選曲や編曲など自分たちで行い、素敵な演奏を響かせていました。