日誌

男子バスケットボール部

【男子バスケットボール部】12/24 2学期終了!

 こんにちは。男子バスケットボール部顧問の小林です。12/24(木)、岩槻高校も本日終業式を迎え、2学期が終了致しました。

 翌日から冬季休業を迎えますが、埼玉県からの支持を受け、部活動は1月17日(日)まで活動を提出することとなっています。この1年間、大変な状況のなかでしたが、選手とマネージャー達はその時できる努力をよくがんばってきてくれました。

 考査期間を含め、活動休止期間も多く、なかなか練習やチーム形成が積み重なっていかないことに苦慮する部分もありました。しかし、選手達の努力があり、チームは少しずつ着実に前進しております。バスケット、そして練習に対する姿勢や価値観が変わり、チームの雰囲気も良くなってきているところです。

 大きな事故やケガ等なく、基本的には全員が良好な状態で練習に参加でき、誰一人欠けることなくそれぞれが努力できたこと。当たり前なことですが、顧問として、この点が最も誇らしく、嬉しいことであります。

 ここから1/17まで、部活動としては停止期間となりますが、選手達には気持ちをリセットすることなく、ここまで作り上げてきたものに積み重ねることができるように、心と体を準備して欲しいです。1年間、お疲れ様。また来年、目標に向かってがんばっていこう。 

【男子バスケットボール部】MG日誌 報告(12月19日〜)

こんにちは!
1年マネージャーの宮本です。
今週の練習についての報告です!

【練習日】
19日(土)12:00~練習試合VS与野
20日(日)9:00~大宮高校と合同練習
21日(月)14:00~
23日(水)11:30~
24日(木)13:00~

【チームの雰囲気】
冬休みの練習ができないということもありみんなチーム一丸となって頑張っていました。

【練習メニュー】
先週末に練習試合と合同練習をしたのでその時に貰ったアドバイスなどを活かして対人練習などをしました。そして今年最後の練習なので最後に1年対2年でゲームをして楽しみながら行えました!

【今週を振り返って】
練習試合では一人一人自分の課題を見つけ合同練習ではアドバイスを沢山頂いたのでそれに向けて冬休みまでの練習を必死に取り組んでいました。

【男子バスケットボール部】12/20(日) 合同練習報告!(with 大宮高校)

 こんにちは。男子バスケットボール部顧問の小林です。12月20日(日)、本日は大宮高校さんを本校にお招きし、合同練習を行いました。大宮高校監督木下先生のご指導のもと、普段とは違うメンバーで、普段とは違う練習を行うことができ、貴重な経験ができました。

 

 多くのスキルが必要となるファンドリルから、基礎技術の確認→実践(ラリー形式)まで、様々な選手と練習することができ、普段とは違う刺激や練習が経験できました。県大会出場を目指す他のチームの選手と練習を共にすることは、技術だけでなく、そのチームの姿勢からも刺激を受けることができ、言葉では伝わらないものを得てくれた日になったことと思います。

 

 昨日の試合での反省をこの日の練習で一気に修正!!とまでは全く行きませんでしたが、大宮高校さんの全力でプレイし、全力で盛り上がる姿勢に牽引してもらいながら、自分たちの足りない部分や修正すべき点が明確に実感できたことと思います。この日の練習をこの日で終えてしまうのではなく、当然ですが、自分たちだけの練習の際にも繋げることが合同練習の最大のメリットです。選手たちにはこの日学んだ姿勢や技術を忘れずに、自分たちの練習に対する姿勢やその質を変えきって欲しいと思います。

 

 貴重な練習と経験をくださった大宮高校木下先生、そして選手の皆さん、ありがとうございました。次のチャンスまでに更に成長していられるよう、また一から頑張ろう!!

 

【男子バスケットボール部】12/19(土) 練習試合報告!

 こんにちは。男子バスケットボール部顧問の小林です。新人大会も終わり、生徒たちの期末考査も終え、各イベントは一区切り。気付くと今年も残りわずかとなりました。冬季休業中の部活動は制限が入るため、考査後から活動できる期間も残りわずかです。良い形で今年を締めくくり、来年に繋げていくために、岩槻高校は再び、このわずかな期間を大切に練習しています。

 

 12月19日(土)には与野高校にお邪魔し、2校で考査後初の練習試合をさせて頂きました。与野高校は今回残念ながら県大会出場を逃していますが、間違いなく県大会レベルの実力のあるチームです。目標とするレベルに挑戦できる貴重なチャンスとして胸を貸して頂きました。

 

 内容は、攻守ともに最初から一歩引いてしまい、やりたいことが全く出せないままハーフゲームを終えました。2周目では、その点をチームでもう一度反省し、スコアではなく1プレイ1プレイを全力で臨むことに集中しました。結果は相変わらず、大きく離されてしまうものばかりでしたが、出だしとは比べ、この日のなかで自分たちの最も悪い部分を確認し、修正できた点は良かったかと思います。

 

 バスケットに臨む姿勢や自分たちの努力のレベルを常に高い状態で保つということは、簡単なことではありません。しかし、常にチャレンジャーである我々にとって、そのレベルを保つということは非常に重要なことです。逆に、今回の相手の与野高校さんは、県大会出場のためというプライドを当たり前のように持ってプレイしていたように感じます。その差が日頃の練習→試合→公式戦と大きく出ていくのだと痛感しました。

 

 バスケットでの成長はもちろん、まず一人一人の部活動に対する姿勢やバスケットへの熱意という、我々が持つべき前提を再確認する必要性を再確認させてもらうことのできる日となりました。長期間、落ち着いた練習ができない今だからこそ、練習できる期間を一層大切に、そして集中して自分たちのための時間として欲しいと思います。

 

【男子バスケットボール部】MG練習日誌報告(12月11日〜)

こんにちは!1年マネージャーの高瀬です。

今週の練習についての報告です!

  

【練習日】


11日㈮ 13時30分~

13日㈰ 12時30分~

14日㈪ 16時~

15日㈫15時30分~

17日㈭13時~

18日㈮15時45分~

 
【チームの雰囲気】

 
定期考査やマラソン大会などのイベントが終わり、また練習が再スタートしました。

皆改めて気合いを入れ直し、声をかけあって頑張ることができました!


【練習メニュー】

 

3対3のラリーやマネージャーがパスを出す4対2やディフェンスの3対3など、対人を多く取り入れた練習メニューをやりました。

 
【今週を振り返って】

 
期末考査明けということもあり、いまいち体が上手く動かないこともあったと思いますが、キャッチボイスなどの声を出し、一生懸命がんばっていました!また、マネージャーもキビキビと動くことが出来たと思います!

 
【翌週に向けて】

 
寒さが厳しくなってきて上手く体が動かないこともあるかと思いますが、寒さを吹き飛ばすような声掛けをし合って冬休み前までの練習を精一杯がんばっていきたいです。マネージャーとして、皆のサポートもしていきたいです。

【男子バスケットボール部】MG日誌 報告(11月21日〜)

こんにちは!1年マネージャーの工藤です!

今週の練習について報告させて頂きます!

 

【練習日】

21日(土)8:30〜 新人戦vs川口北(2戦目)

22日(火)8:30〜 トレーニング

24日(水)16:00〜

26日(木)17:30〜

27日(金)16:00〜

 

 


【チームの雰囲気】

新人戦を終え、次の公式戦まで長いですが、チームで気持ちを切り替え一生懸命練習に取り組んでいました!!

 


 

【練習メニュー】

新しいメニューや、いつもやっていたメニューをより細かい所まで、1年生は2年生の先輩方にアドバイスを貰ったりしていました。

オールコートの3メンでは1年、2年共に時間内に目標のシュート数を超えることが出来、1人1人が声を出していてとても良い雰囲気でした!

 

 

 

【今週を振り返って】

新人戦が終わり、来週にはマラソン大会、その後はすぐに考査期間に入るので良い形で部活が終われるよう全員が真面目に、明るく練習に取り組んでいまし
 

【翌週に向けて】

今年ももうすぐ終わりなので最後まで全員で健康に病気なく部活が出来たらいいと思います!テストも近づいているので頑張りたいです!

 

 

【男子バスケットボール部】11/28 連絡試合報告!

 こんにちは。男子バスケットボール部顧問の小林です。11/28(土)、大会終わり最初の休日ですが、本日は大宮北高校にお越し頂き、練習試合を行うことができました。新人大会期間ではありますが、私たちにとってはもう次の大会に向けての準備期間が始まっております!強豪校と試合ができる貴重なチャンスでもあり、良い形で期末考査期間に入れるよう、思い切り臨んでもらいました!

 強豪チームとの試合でしたが、全体を通して、以前試合をさせて頂いた時よりも、自分たちの成長を感じることのできる試合となりました。相手のプレッシャーに苦しむ場面もありましたが、以前よりも前を向き、よく戦い、点数に結びつけることもできました。

 ディフェンスでは、「相手と同じことを!!」を目標としました。常にそのレベルを保つことはできませんでしたが、全員で足を動かし、相手を苦しめる時間帯を作ることもできました。

 今テーマとしているリバウンドも、少し意識が出始め、できなかったときに「できなかった」という意識をチームで共有できるようになりました。まだまだ足りないとは行っても、一週間で少しの進歩を感じることができました。

 とはいっても、ひとつの試合を取ることもできず、結果は悔しいものでした。しかし、あと一歩、相手のチームというより、自分たちのプレイや向かう姿勢によって結果を変えることができるという自分たちの可能性を実感することのできる日となりました。

 公式戦も終え、本校は来週から期末考査期間に入ります。バスケットは少し休憩、選手たちは本業である勉強に打ち込みます!!勉強でも、「できる最善の努力」をしてもらい、結果につなげて欲しいと思います。そしてまた、年末年始に向け、バスケットに打ち込む!そんなメリハリのあるチームを目指してもらいます!!

 

【男子バスケットボール部】11/21(土)新人大会② 結果報告!

 こんにちは。男子バスケットボール部顧問の小林です。11月21日(土)、この日はいよいよ新人大会2回戦、川口北高校との試合に臨みました。この試合に勝つと我々の目標とする県大会に進むことができます。相手は強豪シードですが、手につかみかけたこのチャンスをもぎ取るべく、選手たちはこれまでよく励んできてくれました。以下が試合結果です。

 

【試合結果】

岩槻 - 川口北

①12 - 29

②12 - 25

③ 8 - 21

④18 - 18

終50 - 93

 

 以上の結果となりました。残念ながら、点数的には遠く及ばず、相手との差は大きいものと感じました。しかし、これまでの練習試合、そして前回の公式戦を考えると、試合のなかでチームの成長を感じることのできる試合でした。

 

序盤から決めなければいけないシュートが決まり、勢いがあるスタートを切ることができました。しかし、リバウンドで相手に主導権を握られ、そこからの焦りでオフェンスの足が止まり始める、その負のスパイラルが続きあっという間に差が開いた前半となってしまいました。

 

 それでも、自分たちのできる最大限を最後まで尽くすことに集中できた時、チームのプレイは非常に良くなりました。練習したことや狙い通りのプレイ、今まで見られなかった攻める気持ち、悔しい敗戦でしたが、この試合で成長することができた、そんな積極的な印象を持つことができました。

 

 ここまで公式戦を目標に、25人とMG5名が良く力を合わせ頑張り、成長してきてくれました。目標達成はできませんでしたが、このチームの成長が何よりも財産です。ここから来年の春まで公式戦はありません。長い冬の期間となりますが、もう一度チームを0から作り直し、更に成長できる、そんなシーズンにして欲しいと思います。気を取り直し、またここからがんばろう!!

 

【男子バスケットボール部】MG日誌 報告(11月14日〜)

こんにちは!1年マネージャーの押山です。

今週の練習についての報告をさせていただきます!!

 

 

 

【練習日】

14日(土)新人戦  vs秀明英光

15日(日)14:00

16日(月)17:30

17日(火)シューティング ※自由参加

18日(水)16:00

19日(木)16:00

20日(金)17:30

 


【チームの雰囲気】

21日に行われる試合に向け、怪我をしないよう心がけたり声をいつもよりも出すなどと普段よりも緊張感があり、全員が集中して練習に臨むことが出来ました。

 


【練習メニュー】

今週は主に、試合に向けシュート練習が多くありました。シュート練習では、自分の苦手な場所からうつことを意識して練習をすることが出来ました。その他にも、対人練習などの練習がありました。

 


【今週を振り返って】

今週は、先週よりも全員が次の試合に向け意識を高め、緊張感がある練習になりました。

また、練習時だけでなく部活後でもコミュニケーションを多く取りとてもいい雰囲気になりました!

 


【翌週に向けて】

21日の試合では、声は出せないけれど全員でたくさん応援をして勝利に導けるようにしたいです!

また、マラソン大会や期末考査も近ずいている為怪我や体調管理にも気をつけたいと思います!

 

 

 

 

 

【男子バスケットボール部】11/14 (土) 新人大会初戦 結果報告!!

 こんにちは。男子バスケットボール部の小林です。14日(土)、本日はいよいよ新人大会初戦!!大宮高校にて、秀明英光高校との試合に臨みました。以下が試合結果です。

【岩槻 ー 秀明英光】
① 16 - 16
② 29 - 10
③ 22 - 17
④ 19 - 23
終 86 - 66

 新チーム始めての試合でしたが、以上の通り、なんとか駒を進めることができました。中盤なんとか点数を押しきることができましたが、全体的に非常に落ち着かない試合展開となってしまいました。

 練習試合でも見られた通り、相手のプレイによる結果以前に、練習通りのプレイができなくなる、ディフェンスとリバウンドへの意識が無くなる、集中力の無さからターンオーバーとイージーシュートミスが多発するなど、、自分たちが原因でゲームを壊すことが非常に多くありました。自分たちでも試合のなかでそれに気付き始めますが、その波が大きい。普段の生活や意識、そして練習のなかでの集中力、公式戦ははまさにそれが集約されたものとなることを実感しました。

 しかし、いずれにしてもまず初戦、無事に公式戦に出場し、勝利に繋げることができたことは単純に喜ばしいことです。まだ大会は続きますが、選手たちにも自信を持って、残りの期間の準備をして欲しいと思います。

 次はいよいよ県大会決定戦、強豪シードの川口北高校との試合です。まずは自分たちのバスケットを最大限発揮し、試合のなかで全ての力を出しきることができるよう、1週間心と体を準備してもらいたいと思います。次もがんばろう!!